石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

Huluオリジナルドラマ『The Handmaid's Tale(原題)』が第69回エミー賞で8冠

Emmy Award
Emmy Award / ITU Pictures

複数のレズビアンキャラがいるディストピアSFドラマ『The Handmaid's Tale(原題)』が、第69回(2017年)エミー賞でドラマ部門作品賞など8部門を制覇しました。日本での配信は2018年だとのこと。遅いね。

詳細は以下。

Emmys 2017: Hulu Wins Big With ‘Handmaid’s Tale’ 8 Trophies | Variety

『The Handmaid's Tale』はマーガレット・アトウッドの同名の小説(邦題は『侍女の物語』)をドラマ化したもので、女性を人権のない子産みマシーンとして扱う独裁国家「ギレアデ」を舞台に、女性主人公「オブフレッド」が生き抜く姿を描いています。オブフレッドの親友で、いわば影の主人公である「モイラ」というキャラはレズビアンで、ドラマではサミラ・ワイリー(Samira Wiley)がこの役を演じています。今回同ドラマが勝ち取ったエミー賞は、以下の通り。

  • ドラマ部門作品賞/Outstanding Drama Series
  • ドラマ部門主演女優賞(エリザベス・モス)/Outstanding Lead Actress in a Drama Series
  • ドラマ部門助演女優賞(アン・ダウド)/Outstanding Supporting Actress in a Drama Series
  • ドラマ部門脚本賞(ブルース・ミラー、"Offred")/Outstanding Writing for a Drama Series
  • ドラマシリーズ部門演出監督賞(リード・モラーノ)/Outstanding Directing for a Drama Series
  • ドラマ部門ゲスト女優賞演技賞(アレクシス・ブレデル)/Outstanding Guest Actress in a Drama Series
  • 現代劇/ファンタジー(1時間以上)部門プロダクションデザイン賞/Outstanding Production Design for a Narrative Contemporary or Fantasy Program (One Hour or More)
  • シングルカメラシリーズ(1時間)部門シネマトグラフィー賞/Outstanding Cinematography for a Single-Camera Series (One Hour)

これを受けて、Hulu Japanが次のようなツイートを披露しています。

今時の不穏な情勢と強烈にリンクしているこのドラマが高い評価を受けたことは嬉しいけれど、サミラが賞を獲れなかったことと、日本での配信が遅すぎることは残念だと思います。ひょっとしたらHulu Japanは映画業界みたいに日本での公開を世界一遅くして、海外での賞レースがひととおり終わってから「〇〇賞受賞!!」と麗々しくコピーをつけて宣伝するって方針なんでしょうかねえ。それってこのネット全盛時代の海外ドラマファンが望んでいることでは全然ないと思うんですけど。