石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

ゲイカップルが社会実験で100回プロポーズ 人々の反応を調べる ポーランド

f:id:miyakichi:20181214151208j:plain

保守与党「法と正義」の議員の大半が同性婚に反対しているポーランドで、あるゲイカップルが公衆の面前で100回以上プロポーズし、人々がどんな反応を示すかを調べました。結果をまとめた動画が興味深いです。

詳細は以下。

WATCH: Polish Gay Couple Stage 100 Proposals To Fight For Marriage Equality | GCN | Gay Ireland News & Entertainment

動画はこちら。音声はポーランド語で、英語字幕がついていますが、映像を見るだけで内容はほぼ全部わかると思います。

このカップル、Jakub KwiecinskiさんとDavid Mycekさんは、2017年にポルトガルで結婚しています。ちなみにポーランドではまだ同性婚はできず、アンジェイ・ドゥダ(Andrzej Duda)大統領は2017年に「政治的な多数派がこの分野(同性婚)での憲法改正に賛成するとは思えない」と発言しています。KwiecinskiさんとMycekさんは、社会実験として上記の動画を撮った理由を、YouTubeのキャプションで以下のように説明しています。(以下、和訳はGoogle翻訳によります)。

HIDDEN CAMERAを使用して、2人の子供の拒否に人々がどのように反応するかを確認しました。 私たちはまだ政治家から、ポーランド人は私たちのようなカップルにポーランドで結婚やパートナーシップを紹介する準備ができていないと聞いています。 そこで私たちはそれについて自分自身に確信させることに決めました。 録音の前に、私たちは何を期待するのか分からなかった。 私たちはこれらの写真を恐れていましたが、同時にこの挑戦に誘惑されました。 撮影の6日後、5つの異なる場所、104人の後に、そのような資料が作成されました。 誰もが自分の結論を出すように!

Za pomocą UKRYTEJ KAMERY sprawdziliśmy jak ludzie reagują na OŚWIADCZYNY DWÓCH CHŁOPAKÓW. Od polityków wciąż słyszymy, że Polacy nie są gotowi na wprowadzenie w Polsce małżeństw bądź związków partnerskich dla takich par jak my. Postanowiliśmy zatem przekonać się o tym na własnej skórze. Przed nagraniami sami nie wiedzieliśmy czego się spodziewać. Baliśmy się tych zdjęć ogromnie, ale jednocześnie kusiło nas to wyzwanie. Po 6 dniach zdjęciowych, 5 różnych miejscach i zaczepieniu 104 osób powstał taki właśnie materiał. Wnioski niech każdy wyciągnie sam!

ちょっと補足しておくと、Googleによる和訳の一文目の「2人の子供」という言い回しはおそらく誤訳ですね。Lingueeによれば"chłopak"(chłopakówは複数生格)は英語で言うところの"boy"、"boyfriend"、"guy"に相当するようだから、「2人の男」とか「2人のボーイフレンド」ぐらいの意味になるんじゃないでしょうか。

あとはもう、動画で見た通りです。(1)このカップルの片方が広場など公共の場で「プロポーズの写真を撮ってほしい」と通りすがりの人に頼む、(2)承諾を得たところでもうひとりが登場し、そこで初めてゲイカップルだということがわかる、という段取りで、カメラはひたすら人々の反応を追っていきます。そしたら皆さん、大半がポジティブなリアクションを見せてるんですよ。戸惑う人も驚く人も、物見高そうに遠くから眺める人もいることはいるけれど、微笑んでシャッターを切ってくれる人もいっぱい。周りの人が一斉に拍手してくれたりもしています。

そうは言ってもふたりが市場で中年男性に「ここで何やってやがる」などとすごまれて移動を余儀なくされる場面も出てきますし、いったんスマホを構えてから、ふたりがゲイだと知るやそのスマホを花壇の縁の上に置いて去っていってしまった女性もいます。しかしながらGaylaxy Magazineによれば、KwiecinskiさんとMycekさんは実験中に受けたネガティブな反応はカットせずに全部この動画に入れたとのことで、ということは全体的にはポジティブな反応の方が圧倒的に多かったと言えると思います。

ちなみに首都ワルシャワに飾られたLGBTのモニュメントが何度も極右グループに燃やされた後、「壊すことのできない」ホログラムの虹のオブジェが今年の初夏設置されたのがポーランドという国。モロトフカクテルより虹を支持する人の方が増えてるってことなのかもしれませんね。