石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

同性カップルに育てられた子は異性カップルの子より成績がよい(ベルギー研究)

f:id:miyakichi:20190210173038j:plain

ベルギーのルーベン・カトリック大の研究者らが、オランダのデータから、同性カップルに育てられた子は異性カップルに育てられた子より学校の成績がよいとする研究結果を発表しました。

詳細は以下。

www.towleroad.com

論文は以下リンク先をどうぞ。

School Outcomes of Children Raised by Same-Sex Couples: Evidence from Administrative Panel Data By DENI MAZREKAJ, KRISTOF DE WITTE AND SOFIE CABUS

オランダの義務教育は5歳から18歳まで。12歳までが初等教育で、12歳時に受ける標準テストの結果でその後進むコースが決まるんだそうです。同国では2001年に世界で最初に同性婚が認められており、統計局のデータを使えば、同性カップルに育てられた子供について、米国の国政調査などよりきめ細かな分析をすることができます。そこで経済学者のDeni Mazrekaj, Kristof de Witte、Sofie Cabusらが、1995年から2005年の間にオランダで生まれた子供たちのデータを調べたところ、同性カップルに育てられた子らは異性カップルに育てられた子らより12歳時の標準テストの成績がよく、ハイスクールを卒業する可能性も6.7%高いという結果が出たのだそうです。

ベストセラー『ヤバい経済学』の著者、レヴィット(Levitt)とダブナー(Dubner)は、アメリカ教育省が1990年代に実施した「初等教育の縦断調査」の結果から、子供の成績に強い正の相関を持つ要因には以下のようなものがあったと述べています。

  • 親の教育水準が高い。
  • 親の社会・経済的地位が高い。
  • 母親は最初の子供を産んだとき30歳以上だった。
  • 親は家で英語を話す。
  • 親がPTAの活動をやっている。
  • 家に本がたくさんある。

今回のMazrekajらの研究でも、やはり親の教育水準、収入、年齢などが高いほど子供の学業成績がよくなるという傾向が見られたそうです。そもそも同性カップルは子を持つためにかなりの資源を投入する必要があり、それができる時点で平均的な子持ち異性カップルより社会・経済的地位が高いと考えられるとMazrekajらは述べています。しかしながらこのオランダのデータでは、社会・経済的変数をコントロールしてもなお、同性カップルの子供と異性カップルの子供の差は縮まりこそすれなくなりはしなかった(同性カップルの子の方が標準テストのスコアがよかった)とのこと。このような結果が出た原因として、上記リンク先の論文では以下のように考察されています。

考えられる説明のひとつは、子供がいる同性カップルは、時間とエネルギーをより多く子供に投資することで、自分たちに固有のストレス因子を補っているのかもしれないということだ。他国に比べ、オランダの成人は同性カップルに対して比較的好意的であるが、12歳から25歳までの学生を対象としたある調査では、同性愛者の学生は学校で自分の性的指向について誰にでも自由に話してよいと答えた回答者はわずか11パーセントであった(Kuyper, 2015)。同性カップルが、自分たちの子供がスティグマや差別を経験するかもしれないと考える限り、これが動機となって親の投資が多くなるのかもしれない。

One possible approach is the compensation approach stating that same-sex parents might compensate for their unique stressors by investing more time and energy in their children. Although the adult population in the Netherlands is relatively favourable to same-sex couples compared to other countries, significant challenges remain. For instance, a survey among students between the ages of 12 and 25 finds that only 11 percent of the respondents feel that homosexual students can freely tell everyone at their school about their sexual orientation (Kuyper, 2015). To the extent that same-sex parents feel that their children may experience stigma and discrimination, they may channel this as motivation to increase their parental investment.

オランダでさえまだそんな状況だったとは。