石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

コミック界にドラァグクイーンのスーパーヒーロー誕生

Rupaul's Drag Race, Season 8

人気TV番組『ル・ポールのドラァグ・レース』シーズン8の勝者、ボブ・ザ・ドラァグクイーン(Bob the Drag Queen)がスーパーヒーローとして活躍するコミックがInstagramで発表されました。作者はオープンリー・ゲイのコメディアンのマテオ・レーン(Matteo Lane)です。

詳細は以下。

Bob The Drag Queen Is A Superhero In New Insta Comic | NewNowNext

コミックはこちら。(スライドショーになっています)

Episode 1: Kickass Drag Queen, written by @bobthedragqueen and illustrated by @Matteolane #kickassdragqueen

Kickassdragqueenさん(@kickassdragqueen)がシェアした投稿 -

このコミックのストーリーは、カフェで最低賃金で働いている主人公ボブが、いじめられている小柄なゲイの叫び声を聞きつけてスーパーヒーロー「キックアス・ドラァグクイーン」に変身し、悪い奴らをやっつけるというもの。変身のアイテムは魔法の王冠、登場時の決め台詞は「ファーストネームはキックアス、ラストネームはドラァグクイーン!」、パンチの効果音はシェール(Cher)!」や「プレップ(PREP、HIV予防薬のこと)」です。「エピソード1」とあるってことは、シリーズ化されるのかな?

このニュースを読みながらあたしが思い出していたのは、先日BuzzFeedが発表した、「LGBTの人たちがカミングアウトしたとき力になってくれた55のもの(55 Things That Helped LGBT People When They Were Coming Out)」という記事のことでした。「音楽」、「本」、「テレビと映画」、「インターネット」、「アドバイスや情報・援助の供給源」の5つのカテゴリーごとにさまざまな人の体験談を集めたこの記事で、『ル・ポールのドラァグ・レース』が力になってくれたと言っている人がいたんですよ。以下、その人のコメントをちょっと訳してみます。

ぼくは男らしくないゲイ男性で、ずっとオカマと言われていた。その言葉の意味も知らない頃からね。

カミングアウトしたとき、最初は、この新しいコミュニティで受け入れてもらうには、ある種のお決まりの外見で、お決まりのふるまいをしなくちゃいけないんだと思っていた。でも、『ル・ポールのドラァグ・レース』を見て初めて、フェミニンであってもいいんだ、社会で「これが正常」とされている決まりごとを拒絶してもいいんだ、他の人がどう思うかなんてクソくらえと思っていいんだとわかった。正直言って人生が変わったし、おそらくこれで命を救われた。もう絶対に後戻りしたりしない。ありがとう、ママ・ル。

I'm an effeminate gay man, and had been called 'faggot' long before I knew what it meant.

Initially when I came out, I thought that to be accepted into this new community I needed to look a certain way, act a certain way, etc. It wasn't until I watched RuPaul's Drag Race that I realised I can be feminine, I can reject social norms, and I don't have to give a damn what other people think. It honestly changed my life and in reality it probably saved my life. And I will never look back. Thank you, Mama Ru."

「ゲイがみんな女装すると思われたくない」などの理由でドラァグに拒絶反応を示す人もいますが、ドラァグのパフォーマンスにはこうしたエンパワメントの力もあるということを忘れてはならないと思います。このコミックがドラァグを主人公にしたのは目先の変わったヒーローを描くためでも、ましてや一種のアファーマティブ・アクションとしてスーパーヒーロー界のマイノリティ枠を満たすためでもなく、純粋に(そしてコミカルに)ドラァグの持つ力をたたえるためなんじゃないかとあたしは思いました。ぜひ続きが読みたいです。

P&Gの紙おむつCMにゲイのお父さんズ登場

プロクター・アンド・ギャンブル85925おむつ、LUVを、S4,4 / 29CT

大手日用消費財メーカーのP&Gが、子供のいる男性ゲイカップルが主役の紙おむつCMをリリースしています。

詳細は以下。

Gay Dads Obsess Over Baby's First Haircut In Luvs Diapers Commercial | NewNowNext

動画はこちら。

CM冒頭では、第一子のヘアスタイルにこだわり、理髪店でこまごまと質問したり、親馬鹿そのもののセルフィ―を取ったりしているゲイカップルの姿が描かれます。お父さんたちのしゃべり方はいささかキャムピィで、これだけなら「ゲイは美容にうるさいというステレオタイプの強化?」とも思えなくもないんですよ。でも、このCMにはちゃんとオチが用意されています。初めての育児ではこれだけ騒いでも、子供がもうひとり増えれば……ほら、これってそのへんのヘテロ夫婦にもよくあることですよね?

「ゲイだから」ここが違うそこが違うという路線にせず、どこにでもある子育てのひとこまに注目したという点が、とても面白いと思いました。日本でこういうCMが見られるのは果たしていつ頃だろう?

2016年のハリウッド映画にトランスのキャラは皆無(米研究)

f:id:miyakichi:20170804122035j:plain

2007年~2016年の一般的な映画900本を調べた南カリフォルニア大学の研究で、ハリウッド映画ではLGBTの登場人物がいまだ少なく、トランスジェンダーのキャラに至っては2016年の映画にひとりも出てこなかったことが報告されています。

詳細は以下。

None of Hollywood's characters were trans last year

この研究は同大学のステイシー・L・スミス(Stacy L. Smith)博士らによるもので、以下のPDFで論文を読むことができます。冒頭のインフォグラフィックだけでもじゅうぶん衝撃的なので、たくさんの人に見てほしいです。

今回のニュースの見出しを見て「え、『リリーのすべて』は?」と思ったんですが、あれは日本でこそ2016年公開だったものの、本国でのリリースは2015年なんですね。それにそもそも、上記PDFによれば2014年も2016年もトランスジェンダーのキャラはゼロで、2015年にようやく1人いるだけだったんだそうで……つまり『リリーのすべて』自体が、ハリウッドの映画産業の中では異色の作品だったということが言えそうです。

ちなみにレズビアン、ゲイ、バイセクシュアルの描写も決して多いとはいえず、2016年の映画に出てきたLGBの登場人物は全体のわずか1.1%に過ぎなかったとのこと。なお、「LGBTは人口比から言っても少ないんだから映画にも出て来なくて当然だろう」という批判は当たりませんよ。この研究によればLGBTの人々は米国の人口の3.3%を占めていて、そこから言っても1.1%というのは少なすぎるんですから。さらに、そのわずかなLGBキャラの大半をゲイ男性が占めていて、レズビアンは17%、バイセクシュアルは11%しかいなかったというのも大問題。結局フィクションの中でも、「性的少数者の中でもっとも権力を持ちやすいシス男性のゲイばかりが優先的に取り上げられ、あとはなおざりにされる」という現実世界と同じことが起こっているわけで、やはり「『ムーンライト』がオスカーを獲ったからハリウッドは進歩的」なんて言えたもんじゃないということがよくわかります。

なお同研究ではキャラクタや監督のジェンダー比や性的ステレオタイプ、人種的マイノリティや障害者のキャラの比率などについても調査されているのですが、論文冒頭のグラフの数々を見ただけで「ハリウッドは『ポリコレ』に席巻されている」なんていう言説がいかに的外れであるかがよくわかります。そりゃあ、スミス博士もこう言うはずだわ。

「わたしたちは毎年、変化がみられることを期待するのですが」と、南カリフォルニア大学教授でこの研究の筆頭執筆者ステイシー・L・スミスはAssociated Pressに語った。「残念ながらその期待は今ひとつ実現していません」

"Every year we're hopeful that we will actually see change," Stacy L. Smith, an USC professor and the study's lead author, told the Associated Press. "Unfortunately that hope has not quite been realized."

Gay Star Newsによれば、トランス・メディア・ウォッチ(Trans Media Watch)のジェニー・カーモード(Jennie Kermode)氏は、今回の南カリフォルニア大の研究結果に「驚きはしない」が「失望した」と述べているそうです。彼女はまた、ハリウッド作品ではトランスはおもしろおかしい存在にされるか、性別移行のみに注目した物語にされるかのどちらかになりがちで、『タンジェリン』などインディペンデント映画の方が平等で多様な描写が多いと指摘しているとのこと。言えてると思います。結局のところ、大資本が作って大スクリーンで上映する作品の変化を待つより、こうした小規模作品の増加と繁栄に期待した方が早いのかもしれませんね。上記『タンジェリン』なんて、iPhone 5Sの8ドルのアプリで撮影してあれだけの高評価を勝ち取っているんですから、望みをかけるならこちらの方向かなあと個人的には思ってます。

元海軍の米外科医がトランスジェンダーの軍人への無料手術を申し出る

f:id:miyakichi:20170803225417j:plain

トランプ米大統領が先日「多額の医療費」などを理由にトランスジェンダーの人々の軍入隊を禁止すると発表したことを受け、元米海軍の女性外科医が、トランスの軍人の性別適合手術を無料で担当すると申し出ています。

詳細は以下。

American doctor offers free surgery for trans military personnel following Trump ban · PinkNews

この申し出をしたクリスティーン・マッギン(Christine McGinn)医師は、自身もトランスジェンダーで、年間最優秀航空医官にノミネートされたことがある人です。現在ペンシルバニア州で日常的に性別適合手術を手掛けている彼女は、訓練された軍人を失うコストは医療費よりも「指数関数的に大きい」とし、もし政府がトランスジェンダーの人々の手術費用を負担しないのなら自分が無料で手術すると言っているとのこと。以下、彼女の発言です。

「最高司令官が在郷軍人を大事にしないのなら、在郷軍人がやります」

「わたしが既に手術の予定を組んであるたくさんの人々を、無料で手術します」

“If the commander-in-chief won’t take care of our veterans, our veterans will.

“I will do surgery for free on the number of people that I have already lined up for surgery.”

ちなみに先日の記事でもちょっと触れましたが、トランスジェンダーの軍人の性別適合手術などにかかる医療コストは最大でも840万ドルなのだそうで、国防総省全体での医療コスト493億ドルに比べれば「ごくわずかな額」だとCNNは指摘しています。ちなみにペンタゴンはトランスの軍人にかかる医療費の約5倍のお金(4160万ドル)をバイアグラに費やしており、さらに軍楽(military music)には4億3千7百万ドルもかけているらしく、トランプが何をもってトランスの医療費を「多大」と言っているのかは謎に包まれています。結局のところ、マッギン医師の以下の発言が正鵠を射ているのでは。

「明らかな差別ですよ」と彼女は言った。「小学5年生にでもわかると思います」

“It’s obvious discrimination,” she said. “I think any fifth-grader could see that.”

2016年の大統領選でトランプが勝利を収めた直後、差別を恐れて法律上のジェンダー変更を急ぐ人々のために、数々の弁護士たちが無償で(pro-bonoで)手助けを引き受けていたことをふと思い出しました。あのときは弁護士、今は医師。一旦事あればこうしてすぐ有志が助けを申し出るというのが米国の底力だと思いますが、そもそも差別がなければ助けもいらないわけで、しかも大統領自ら差別の震源地になっているというこの事態には頭が痛くなります。You deserve a better president, America.

リバプール・プライドで男性ラグビー選手同士のプロポーズ

DSC_0811.jpg
DSC_0811.jpg / OnTask

英国で2017年7月29日に開催されたリバプール・プライドで、男性ラグビー選手同士のプロポーズがとりおこなわれました。返事はイエス。先日ロンドン・プライドでプロポーズしたラグビー選手とはまた別のカップルですよ、念の為。

詳細は以下。

This rugby player proposed to his boyfriend in the best way at Liverpool Pride · PinkNews

実はこのニュースの見出しを見たとき、一瞬混乱したんですよ。「え、これ、リバプールだったの? こないだロンドンだって書いちゃったのに」と思って。でも、写真や動画をよく見たらラグビージャージの色が先日のニュースとは違っていて、それでようやく別の場所の別のカップルの話だとわかった次第です。

今回婚約成立したのは、「リバプール初のインクルーシブなラグビーチーム」こと「リバプール・トライトンズ」のマーク・ベヴァン(Mark Bevan)さんと、チームメイトのマイク・コリンズ(Mike Collins)さん。まずはプロポーズの場面をごらんください。

上記動画の中では、ベヴァンさんがコリンズさんにラグビーボールをパスしています。実はこのボール、片側に「ハロー("Hello")」、もう片側に「マイケル、結婚してくれますか?("Michael, will you marry me?")」と書いてあったのだそうです。その後ベヴァンさんはひざまずいて指輪を取り出し、コリンズさんの返事は「イエス」。

なお、リバプール・プライドでプロポーズした理由について、ベヴァンさんは次のように話しています。

「プライドは楽しい場所だというだけでなく、もっとずっと偉大なものを象徴するものでもあります。パートナーとの結婚が許されていないすべての人のために、わたしはプライドでプロポーズしたのです」

“It’s not only a fun place but it symbolises something so much greater. Me proposing there was for all those who aren’t allowed to marry their partners.”

ご婚約おめでとうございます。お幸せに。

共和党議員を銃撃から守ったレズビアン警官にトランプがキス 大いに不評を買う

f:id:miyakichi:20170802160340j:plain

2017年6月14日に米バージニア州の野球場で起こった銃撃事件で身を挺して共和党議員を守ったレズビアンの警官が、この功績により、7月27日に勲章を授けられました。授与式で彼女の頬にトランプがキスする場面が、ネットで大いに不評を買っています。

詳細は以下。

Trump kisses lesbian police officer who helped stop congressional baseball practice mass shooting

この警官、クリスタル・グライナー(Crystal Griner)さんはオープンリー・ゲイの黒人で、女性と結婚しています。銃撃戦で被弾しつつもアンチゲイなレイシストの共和党議員を守り抜いたことで、一躍有名になりました。

2017年7月27日、グライナーさんは他の4人の警官とともに、公共の安全を守った警察官に与えられる最高位の勲章、勇士勲章(Medal of Valor)を授与されました。トランプ米大統領が彼女の首に勲章をかけた後、頬にキスする場面がこちら。

これに対する反響がこちら。

(訳:『トランプがオープンリー・ゲイの合衆国議会警察警官クリスタル・グライナーに無理やりキスしたのは、ペンス(訳注:アンチゲイなマイク・ペンス副大統領のこと)のコンバージョン・セラピー(訳注:同性愛を異性愛に『治す』という非科学的な療法のこと)の一部なのかも』)

(訳:『トランプはパーソナルスペースってものがわかってないの? クリスタル・グライナーは握手しようとして手を差し伸べたのに、トランプは頬にキスしようとパーソナルスペースに入り込んできた』)

以下のホワイトハウス公式動画で確認してみたところ、確かにグライナーさんは握手しようと右手を出してますね。トランプはその右手を握りつつ、同時に頬へのキスもしていた模様。ちなみに他の受賞者4人に対しては、女性も男性も全員握手のみで済ませています。なぜにグライナーさんにだけキスを?

てなわけで、こんな意見が出てくるのもむべなるかなという感じです。

(訳:『これはセクハラだよ! クリスタル・グライナーでも、他の目撃者でも、訴えることができるよ!』)

他に、昨今のトランプ政権の政策を下敷きにした批判もありました。

(訳:『ホワイトハウスはトランプが反トランスジェンダーな政策(訳注:これのこと)を進め、司法省がLGBTの人々から職場での保護を剥奪することを認めた(訳注:米司法省は先日、連邦の主な公民権法では性的指向を理由とした雇用差別は禁じられていないという、オバマ時代とは逆の見解を発表しています)のと同じ週に、クリスタル・グライナーをたたえている』)

(訳:『クリスタル・グライナーは、いつかツイートひとつで彼女の結婚を消滅させるであろう男と同じステージにいることにワクワクしているみたいだね』)

そういえば以前英紙ガーディアンが、トランプは握手を友好の印ではなく相手を犬のように引っ張ったりして優位を示すための手段として使っているため、各国首脳に嫌がられているという指摘をしていましたよね。動画だとこちら。

ひょっとしたら今回のグライナーさんへのキスも、一種の(LGBTコミュニティへの?)マウンティングだったりするのでしょうか。ああ、やだやだ。とにもかくにも、銃弾の雨にもトランプのキスにも負けず職務をまっとうしているグライナーさんの鋼鉄の勇気をたたえ、彼女の怪我の一日も早い治癒をお祈りしたいと思います。

ボーイ・ミーツ・ボーイの短編CGアニメ『In a Heartbeat』が完成

f:id:miyakichi:20170802143758j:plain

クラウドファンディングで製作が進められていた3DCG短編アニメ『In a Heartbeat』が完成し、YouTubeで公開されています。台詞がひとつもない4分強のこの作品、甘酸っぱくて超キュートです。

『In a Heartbeat』の主人公は、カミングアウトしていない男の子。憧れの男の子にドキドキするあまり、自分のハートに自分がアウティングされそうになり、一旦は悲しい思いもするも……というお話です。作者のエステバン・ブラボ(Esteban Bravo)さんとベス・デイヴィッド(Beth David)さんは「LGBT+のアイデンティティーと格闘している子供や若者に、愛と自己受容のメッセージを送りたい」という思いからこのアニメを作ったとのこと。

主人公の冒頭部のドキドキ感や、胸から飛び出したハートとの追いかけっこで表される心情なんかは、おそらく異性間の恋愛でも似たようなものなんじゃないかと思います。でも、ゴミ缶に飛び込んでまで気持ちを隠そうとするくだり(1:30~)や、そこまでして隠さなければいけない理由がつきつけられるシーン(2:22~)は、まさしく同性間ならではですよね。揺れ動くリンゴや閉まる扉などを使って、キャラの心情や状況を象徴的に見せていくところもよかった。オチもビューティフルだし、たくさんの人が見てくれるといいなと思います。