石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

ヘイリー・キヨコ

動画「高齢レズビアン、ヘイリー・キヨコを見る」

デジタルマガジンINTOが、オープンリー・レズビアンの歌手ヘイリー・キヨコ(Hayley Kiyoko)のミュージックビデオを3人の高齢レズビアンに見せ、その反応をおさめた動画を発表しました。

ヘイリー・キヨコ、雑誌「Nylon」プライド特集号表紙を飾る

オープンリー・レズビアンの米歌手ヘイリー・キヨコ(Hayley Kiyoko)が、ファッション情報誌「Nylon」のプライド特集号のカバーガールをつとめました。これは同誌にとって初のプライド特集号なんだそうです。

ヘイリー・キヨコが"What I Need" (feat. Kehlani) MVリリース

オープンリー・レズビアンの歌手、ヘイリー・キヨコ(Hayley Kiyoko)が"What I Need" (feat. Kehlani)のオフィシャルMVをリリースしました。ちょっとしたレズビアン短編映画だよこれは!

ヘイリー・キヨコがプロムのプロポーズをお手伝い

レズビアンのポップ歌手ヘイリー・キヨコが、米国のTVネットワーク「Fuse TV」の企画で、ガールフレンドをプロムに誘いたい女の子をお手伝い。無事イエスの答えを引き出しました。

リタ・オラ新曲「Girls」の問題点をヘイリー・キヨコが指摘

リタ・オラの新曲で、(同性愛者ではない)女の子の女の子といちゃいちゃしたい気持ちを歌った「Girls」に対し、ネットで批判の声が上がっています。オープンリー・ゲイの歌手ヘイリー・キヨコ)も、Instagramで問題点を指摘。

今週の未紹介LGBTニュース(2018年4月8日)

ルイジアナのトランス生徒、卒業アルバムの写真に女性として映る権利を勝ち取る ベネズエラの飛び込み選手ロベルト・パエスがゲイとしてカミングアウト 仏五輪金メダリストがトランス女性としてカミングアウト ヘイリー・キヨコがジミー・キンメル・ライブで…

ヘイリー・キヨコが新譜発売 テイラー・スウィフトにまつわる名言も

Expectations

今週の未紹介LGBTニュース(2018年1月14日)

広辞苑が「LGBT」など新収録するも定義がヘン ヘイリー・キヨコ(Hayley Kiyoko)が新曲"Curious"のMV発表 『ル・ポールのドラァグ・レース』タイ版製作発表 ゲイの米フィギュアスケーター、伝統のホワイトハウス訪問を断る 関連記事 ビリー・ジーン・キング…

今週の未紹介LGBTニュース(2017年10月22日)

世界最年長(186歳)のカメはゲイでした 『スタートレック』ゲイ要素へのバックラッシュに俳優が反論 ヘイリー・キヨコが新曲「Feelings」のPV発表 ホモフォビックな説教師にエルヴィスで対抗 米メイン大学 NZ新首相はゲイの権利のためモルモン教を棄教 レズ…

ヘイリー・キヨコが新曲"SLEEPOVER"をリリース

米国のシンガーソングライター/女優のヘイリー・キヨコが、2017年3月3日に新曲"SLEEPOVER"を発表しました。もちろんガール・オン・ガールの恋愛ものです。

ヘイリー・キヨコ、新曲"One Bad Night"MVでトランスジェンダーのYouTubeスターを起用

米国のポップ歌手ヘイリー・キヨコ(Hayley Kiyoko)が、新曲"One Bad Night"のドラマチックなMVで、YouTubeで活躍中のトランス女性、エリン・アームストロング(Erin Armstrong)を起用しました。

ヘイリー・キヨコ新曲“Gravel To Tempo”の原点は高校時代の片思い(もちろん女の子への)

米国の歌手で女優のヘイリー・キヨコ(Hayley Kiyoko)が、新曲“Gravel To Tempo”は自分のハイスクール時代の片思い全部をもとにして作ったと話しています。

ジャスミン・ラファエルが女性同士のラブストーリーをダンスで表現(曲はヘイリー・キヨコ)

プロダンサーのジャスミン・ラファエル(Jasmine Rafael)が、ヘイリー・キヨコの曲"Cliffs Edge"を使って、女性同士のラブストーリーをダンスで表現しました。

ヘイリー・キヨコが"Cliff’s Edge"のMV公開 女性同士の恋をスタイリッシュに描く

"Girls Like Girls"のヘイリー・キヨコが、新作ミュージックビデオで、女性同士の激しい恋をエロティックかつスタイリッシュに描いています。この動画は2015年11月4日に公開されたもので、曲目は"Cliff's Edge"。

上質の百合短編映像。ヘイリー・キヨコのミュージックビデオ"Girls Like Girls"

日系アメリカ人の歌手、ヘイリー・キヨコの新作ミュージックビデオがたいへんよかったのでご紹介。これはもう上質の百合短編映画の域に達しているかと。