石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

「コミック百合姫S(Vol.1)」(一迅社)感想

コミック百合姫S (エス) 2007年 08月号 [雑誌]

コミック百合姫S (エス) 2007年 08月号 [雑誌]

面白かったです。

創刊号なのと、好きな作家さんが多いのとで試しに買ってみました。面白かったです。連載作品は「続きが読みたい」と思わせる力を持っていますし、短編もしっかりと手ごたえのある作品が多かったと思います。

特に良かった連載

  • 「マイナスりてらしー」(宮下未紀)
    • 没落した名家のお嬢様と、お嬢様に仕えるメイドの話。
      • こないだレビューした同作者さんの作品『ピクシーゲイル』(角川書店)にも共通することなんですが、キャラが魅力的で話の展開にスピード感があり、「百合だけ」とか「萌えだけ」のつまんない漫画とは一味もふた味も違うと思いました。
      • 「お嬢様とメイド」とだけ聞くとすごくありがちな設定に思えるのに、フタを開けてみると全然そうじゃないところが面白いです。
      • 抱擁シーンの表情や雰囲気がいいなあ。
  • 「flower*flower」(石見翔子)
    • インドっぽい異国に嫁いだ(と言っても相手も女)お姫様ニナと、そんなお姫様に振り回される婚約者朱玲(しつこいようですが女)の物語。
      • 可愛い絵柄なのに毒があって、かつ色っぽいところが良いです。
      • 『スズナリ!』(芳文社)の神様の描写なんかを見て、「ちょっとダークなお話も上手そうな漫画家さんだなあ」と思っていたのですが、果たしてこの作品でニナというスパイスのきいたキャラクタを見て、「自分の予想は当たっていなかった!」と確信いたしました。
      • 朱がニナに肉を食べさせるシーンがむちゃくちゃ色っぽいです。下手な絡みのシーンよりエロティックかも。

特に良かった短編

  • 「interface」(玄鉄絢)
    • 小学生の女の子が、七宝焼きのペンダントをくれた女の子を探すお話。
      • 綺麗で繊細な絵柄は相変わらず。
      • 単純明快に好きですとか愛してるとか言って大騒ぎする話より、こういう変化球の方がぐっとくるなあ。
  • 「SUIKA」(吉富昭仁)
    • 「スイカが好きでちょっとおバカな女の子」(台詞より)と、そんな女の子が好きな女の子のお話。
      • ひざまくらのシーンにほのぼのしました。
      • オチがああ来るとは思いませんでした。可愛くて、ユーモラスで、それでいてちょっとだけ淫靡(※エロ描写はないですよー)な感じ。

その他

ここまで書いてきたように、漫画そのものの質は高い雑誌だと思います。ただ、これは編集サイドの問題なんですが、あちこちのアオリの文体が非常に頭悪そうで嫌だなあと思いました。やたらデカい字で「私たちのキズナは絶対無敵!!」だの「お姉さま、あたしの胸いっぱいの愛受け止めて(はぁと)」だのという脳内お花畑チックなフレーズが踊るのを見ていると、それだけで体力消耗しそうな気がします。

というわけでVol.2以降も買うかどうかは微妙ですが、単行本になったら買いたい作品をあれこれチェックできただけでも収穫かな。とりあえず今からアンケートハガキ書いて出してきます(せっかく雑誌買ったんだから、良い作品はアンケートでどんどん応援しなくては)。