石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

ジャマイカの性的少数者団体、米国のジャマイカ製品ボイコットに反対の意を表明

ジャマイカの性的少数者団体The Jamaican Forum for Lesbians, Allsexuals and Gays(JFLAG)が、米国で呼びかけられている、「ジャマイカ国内のLGBTバッシングへの抗議として、ジャマイカ製品をボイコットしよう」という運動に反対の意を表明しています。

ジャマイカのストレートたちはこのボイコットを外国人からの干渉と受け取り、同性愛者に対する憎しみと敵意をさらにつのらせるだろう、というのがJFLAGの見解です。JFLAGはまた、こうしたボイコットが同性愛者への暴力を正当化してしまうのではないかと懸念しています。実際、昨年カナダのLGBT団体EGALEが同じようなボイコットを行った結果、レズビアンを含む多くの人々がストレートから攻撃を受けたという前例があるんだそうです。

さらに、このボイコット運動がターゲットのひとつとしているレッド・ストライプ社は、少し前に、「ジャマイカ人に対するあらゆる暴力を助長するようなイベントやアーティストへの資金援助を取りやめる」ということをしている会社なんだとか。そんな会社をボイコットしたら、せっかくの進歩も無になってしまいかねません。「自分たちは対話などさまざまな戦略でゆっくりと問題解決に当たっている。過激な行動に出る前に、自分たちと連絡を取ってほしい」というのが、JFLAGの主張です。

こういうのを見ると、「無邪気な正義感だけでは事態は解決しないんだな」と痛切に思わされますね。助けたい相手と意思疎通して、状況を分析して、十分に戦略を練ってから行うのでなければ、よかれと思ってやったことがかえって相手を窮地に追い込んでしまうこともあるわけですよ。安全圏でお酒や旅行をちょっとだけ自粛して、「いいことをした」と自己陶酔に浸っている場合じゃないわ。というわけで、いろいろと考えさせられたニュースでした。