石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『birthday』(ゆきみ、メガストアコミックス)感想

birthday (メガストアコミックス)birthday (メガストアコミックス)
ゆきみ

コアマガジン 2006-03-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

絵が非常にうまいエロ漫画。ただし、レズビアン物は1編のみ

18禁エロ漫画です。絵が非常にうまい作品で、特に女のコの表情や、緻密で肉感的な女体描写がすばらしいと思います。ただし、収録作全12編中レズビアン物はわずか1編のみ、あとはふたなりが2編とヘテロ物が9編です。全体的に凌辱要素が非常に多く、レズビアン物の「after」にも男女レイプのシークエンスが登場します。また、男性器の描写もとても多いので、そのあたりが苦手な方には向かないかもしれません。ただし、「after」のオチで描かれる一途な女女恋愛の有様はとてもよかったです。

レズビアン作品「after」について

上の方でも書きましたが、結末がすごくいいんですよ。以前、セクマイの親友とウテナについて話していて、「男性と関係してもなお女のコがいい、っていうところがウテナのすごさだよね」という点で意見が一致したんですが、それをちょっと思い出すようなオチのつけ方でした。前述のように男女レイプの場面があったりして、かなり陰惨なところもあるお話なのですが、それを乗り越えて描かれるp. 121以降のラブさは必見。かなり歪みまくっている「先輩」(♀)のキャラも面白いです。

その他の作品について

収録作をざっと分類すると、以下のようになります。

レズビアン物(1編)
  • 「after」(女女和姦+男女レイプ)
ふたなり物(2編)
  • 「少女遊戯」(ふた)
  • 「predation」(人外男女+ふた)
男女エロ(9編)
  • 「ドキドキ」(覗きと自慰)
  • 「名もない日」(校内セックス)
  • 「CRAVING for A Gene」(女教師と男子生徒)
  • 「GEMiNi(」輪姦)
  • 「cruel」(輪姦)
  • 「NATIVE HEART」(人種間セックス)
  • 「birth-day」(輪姦)
  • 「夢と鎖と…」(監禁レイプ)
  • 「NORMAL BLOOD」(兄妹拘束レイプ)
というわけで、全体的に見ると「男女エロ主体・凌辱多数・時々ふた」といったカラーの作品集ですね。あと、特徴的なのはとにかくちんこが執拗に描かれること。いや女性器ももちろん描かれるんですが、それに比しても男性器の描写がとても多いんですよ。フルカラーのふたなり作品「少女遊戯」なんて、途中までは完全にレズビアンエロス路線で進むのに、いざとなると片方の少女にリアルなブツが生えているという展開なので、ふた属性のない方にはかなりキツいかと思います。

絵のうまさについて

丁寧で緻密な絵柄で、デッサン力も確かです。青年誌的なスタイリッシュな絵、という言い方で通じるでしょうか。冒頭でも書きましたが、女のコの表情や女体の描写が非常に巧みだと感じました。

まとめ

スタイリッシュな絵柄と、唯一のレズビアン作品「after」のオチがよかったです。ただし、全体的には「ヘテロ物主体、時々ふた」といった傾向であること、凌辱シーンや男性器の描写がとても多いことなどから、百合/レズビアン作品好きにとってはけっこう地雷が多い1冊かもしれません。購入されるなら、そのへんを勘案された上でどうぞ。