石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

英国人は平均8人の同性愛者の知り合いがいる(英調査)

f:id:miyakichi:20141231103907j:plain
英国で実施された統計で、英国人は平均で約8人の同性愛者の知り合いがいることがわかったそうです。

詳細は以下。

Poll: Average person knows eight gay people · PinkNews.co.uk

この調査はYouGovが英国全土の計2000人を対象としておこなったもの。友人または知人で個人的に知り合いである同性愛者の数を答えてもらったところ、結果として、平均的な英国人は5.5人の男性同性愛者と3.1人の女性同性愛者の知り合いがいるとわかったそうです。

これはあくまで平均値であり、回答者のジェンダーや性的指向によって数字は多少変わってきます。表にするとこんな。

回答者 ゲイ男性の知り合い数 レズビアンの知り合い数
回答者全体 5.5 3.1
男性 6.0 2.7
女性 5.0 3.4
ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル 21.6 10.3

住んでいる場所によっても、知り合いの同性者数は変わってきます。ロンドンでは平均12.5人(ゲイ男性8.5人+レズビアン3.6人)で、全国平均よりかなり多いです。一方、もっとも少ない人数を答えたのはミッドランドとウェールズの人々で、ゲイ男性4.8人、レズビアン2.7人だったとのこと。

もっとも少ないミッドランドとウェールズでさえ、日本人の平均よりかなり上なのでは。ちなみに英国政府の推定では同国の人口の6%が同性愛者だと言われており、別に英国の方が飛躍的に同性愛者が多いというわけではないみたいです。結局、これって社会的な認知度の差や、差別禁止法があるかどうかの差なんじゃないかな。

しかし平均値でこれだけのゲイやレズビアンの知人がいるなら、「自分の周りにはゲイなんていませんッ!」と言い出す馬鹿(『存在しない』と『カミングアウトされていない』は別物だとわかっていない点が馬鹿)は日本よりよっぽど少なそうだよねえ。そのあたり、ちょっとうらまやしいかも。