石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『パーソン・オブ・インタレスト』4×11「戦略」(原題:"If-Then-Else")感想

パーソン・オブ・インタレスト〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・セット [Blu-ray]

日本で現在放映中の米SFクライムアクションドラマ『パーソン・オブ・インタレスト』の、レズビアン・エピソード。昨日AXNで放映されたのを見たのですが、たいへんよかったです。

それまでずっと行間の百合っぽさで一部のファンをモエモエさせていた「サミーン」と「ルート」という女性キャラ2人の、劇的なキスシーンが出てくるんですよこの回。いわばサブテキストがいきなりメインテキストに取って代わったようなもので、もう少しわかりやすく言うと「腐女子の皆さんが妄想で薄い本を出していたところに、公式が全開でBL展開を見せた」みたいな話です。

とにもかくにも以下の動画の名場面をご覧ください。日本語字幕がないので一応説明しておくと、髪をしばっているのがサミーン(サラ・シャヒ)、おろしているのがルート(エイミー・アッカー)。見どころは2箇所で、まず両者ともに銃を撃ちまくりながらのこの会話(0:57~)。(※以下、台詞はAXN放映時の日本語字幕からの引用です)

ルート「私たち 息が合う いつかわかるわ」
サミーン「ルート あんたは―美人だし 銃の腕もいい その2点は気に入ってる でも あんたと私じゃ大火事になる」
ルート「楽しそう」

次、一行がエレベーターで行き詰まり、誰かが危険を冒して制御ボタンを操作するしかないとわかる場面(1:24~)。

サミーン「制御ボタンよ 誰かが行かないと」
ルート「サミーン 行かせないわ」
サミーン「何言ってんの」

この会話の直後にとにかく注目よ!! それでは、動画をどうぞ。

もうね、かっこいいおねーさん2人が命がけの銃撃戦の最中にこの会話&行動ですもん、どこの深見真さんがシナリオ書いたのかと思うよな回ですよ。ああ、堪能した。楽しかった。

ちょっと舞台裏の話をすると、これは実はサミーン役のサラ・シャヒが実生活で妊娠中のため番組から降りるにあたって用意されたエピソード。もうこの回以前から、おなかを隠すため衣装やカットを工夫した上で撮影されてたんです。そこで最後にこれだけレズビアン色が強い演出を持ってくるとは、やるわねCBS。見逃しちゃった方、今ならまだ再放送に間に合うからぜひどうぞ。大丈夫、ここまでの話の流れを全然知らなくても十分楽しめるから! ていうか、あたしがそうだったから!

※再放送予定は以下の通り。

15/01/16(金)22:00 シーズン4 【字】 第11話
15/01/17(土)10:00 シーズン4 【字】 第11話
15/01/18(日)20:00 シーズン4 【字】 第11話