石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

ゲイ男性と結婚した中国人女性の90%は家庭内暴力を受けている(中国研究)

f:id:miyakichi:20150419012957j:plain

中国の研究で、同国でゲイ男性と結婚した女性の90%以上が夫から家庭内暴力を受けており、にもかかわらず離婚するのは3割程度だという結果が得られたそうです。

詳細は以下。

90% of Chinese women married to gay men suffer domestic abuse | Gay Star News

中国では約1600万人の女性がゲイ男性と結婚していると考えられており、このような女性は「同妻」("Tongqi" )または"homowives" などと呼ばれています。ハルビン工業大学の研究者たちがこうした「同妻」173名を対象に調査をおこなったところ、90%以上が夫から身体的または精神的な暴力を受けていると回答したとのこと。暴力の内訳は以下の通り。

  • 無視する、または冷たくあしらう(37.6%)
  • 身体的暴力(38.7%)
  • 殺すと言って脅す(15%)

夫からHIVを感染させられた「同妻」も約12%います。ちなみに性生活に関して言うと、約37.6%が「半年間に5回以下」、34.1%が「ほとんどない」または「まったくない」と答えたとのことです。

「同妻」の約93%が「自分の結婚生活は悲劇」と考えている一方、離婚を選んだ人はわずか31%です。専門家は、経済的事情や子どもへの心配が離婚の足かせになっていると考えているとのこと。

中国の性科学者、李银河(Li Yinhe)氏の推定によれば、同国には約2000万人のゲイ男性がいて、うち80パーセントが女性と結婚しているのだそうです。なぜこうも高い率で偽装結婚がおこなわれているのかについて、『<同性愛嫌悪(ホモフォビア)>を知る事典』(ルイ=ジョルジュ・タン[編]、明石書店)は以下のように説明しています(p. 365)。

慣習的な道徳が昔から重視されるので、生殖の規範と家父長制の規範に反するということが、独身者や、もっぱら同性愛であったり、公表していたり、女性的であったりする男性同性愛者を社会から排斥する理由となる。(引用者中略)中国のゲイは、偽装結婚を強いられ、露見するのではないか、そのために社会的評価や職を失うことになるのではないかという強迫観念の中で生きている。

きわめてアジア的ですね。

さて、このニュースを読んで即座に連想したのが、日本国内でよく聞くこんな議論。以下、「少子化傾向が回復したら、同性婚を認めます。」|unnaturalwoman|noteから引用します。

「半年間この講義を受けてきた中で、同性愛者でも異性と結婚して子供をもっていることもあるという話を聞きました。これは同性婚が法的に認められていないからこそだと思います。だから認めないままのほうがいいと思います」

この手の暴論は、上記の例だけにとどまりません。ネットでちょっと検索してみればわかることですが、同性愛者を異性との結婚に追い込むことが「少子化解消」だの「人類の存続」だのに役立つと無邪気に信じている人は少なくないようです。こうした結婚の多くは当の同性愛者のみならず、異性の配偶者をも不幸にする(日本でだって、『夫が同性愛者だと判明して悩んでいます』なんてのは昔から新聞の悩み相談の定番ですよ)のに、そこには考えが及ばないんですね。たとえ異性愛者同士でだって、まったく愛していない、セックスもしたくない相手を騙して(または、そんな相手に騙されて)結婚したら、行きつく先は悲劇しかないのに、なぜ、そこを無視するんですかね。

まるで家畜の交配でもするようなノリで「同性愛者を異性とつがわせるべき」と考えておいでの方々におかれましては、当の同性愛者の心情を慮ることは無理だとしても、せめて自分や自分の大事な人が期せずして「同妻」の立場に置かれてしまう(男性であっても、です)可能性について考えてみられてはいかがかと思います。たとえ物理的に子どもは作れても、愛のない家庭で無視されたり暴力をふるわれたりし、セックスも必要最小限(または、なし)という暮らしがしたいと思う? そんな状況でもなお、「少子化改善/人類の存続に貢献している自分って幸せ♥」と思えるのかしらね?