石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

ユーロヴィジョンに備え、ウイーンが「ゲイな」信号機導入

f:id:miyakichi:20150512121309j:plain

オーストリアの首都ウイーンで、同市で5月下旬開催予定のユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2015に向け、「ゲイな」信号機が導入されたそうです。

詳細は以下。

Gay-themed traffic lights get Vienna into mood for Eurovision Song Contest | Reuters

信号機の様子はこちら。

これは歩行者用信号の「止まれ」や「進め」の人物の図を、男性同士または女性同士のカップルの姿で表示されるプログラムにしてあるのだそうです。ウイーンが偏見のない街であることを表すため、市中心部の何十台もの信号をこの設定にしたとのこと。

ユーロヴィジョン・ソング・コンテストは、昨年ヒゲ女装美女コンチータ・ヴルストが優勝したことですっかり話題となった、欧州の国別対抗歌謡祭。ロシアのアンチゲイな政治家などからは「ヨーロッパ規模のゲイ・パレードだ」と大不評を買っているイベントですが、この分だとウイーンは一歩も退く気がなさそうですね。今年のグランドファイナルは5月23日、どんな歌や話題が飛び出すのか今からとても楽しみです。