石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

ディズニーキャラをホモエロティックなイラストにしたらこうなった

マジックキャッスル3Dライブ壁紙無料

メキシコ人のグラフィックデザイナー兼イラストレーターのAlfredo Roaguiさんが、ディズニーのアニメキャラをホモエロティックなイラストにしたものを公開しています。みんなハンキーでゴージャス。ポイントは髭。

詳細は以下。

Meet The Mexican Artist Who Is Bringing A Little Disney Magic To Gay Love Stories

以下、RoaguiさんのInstagramからちょっとだけ引用します。まずはアリエル、ラプンツェル、ベル、白雪姫。

リトルマーメイド。この絵はTシャツにもなってます。

BuzzFeedによると、Roaguiさんはディズニーについてこんな風に語っているとのこと。

「ディズニーはゲイ男性の心に訴えるものがあるんですよ。ぼくたちはまだファンタジーと王子様を信じてますから。ディズニーはぼくらの内なる子供に連絡を取ることを思い出させてくれ、『末永く幸せに』という夢を見させてくれるんです」

“Disney appeals to gay men because we still believe in fantasy and Prince Charming. It reminds us to be in touch with our inner child and makes us dream about happily ever after.”

なるほど、一理あるかも。あとは本家ディズニーが同性同士のラブストーリーを作るだけだな! 『アナと雪の女王』で初めて「レズビアンかもしれないプリンセス」と言われるキャラ(エルサ)の造形に成功したディズニーですが、その先はまだですもんね。冗談抜きであと十年から二十年ぐらいのうちには実現するんじゃないかと思うんですが、それまではこうしたファンアートを眺めながら待つことにしようと思います。