石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

NYレズビアン一家惨殺事件で男2人を逮捕


NYのレズビアンカップルと2人の子供が他殺死体で発見される クリスマスの翌日 - 今週の未紹介LGBTニュース(2017年12月31日) - 石壁に百合の花咲くの続報。警察がこの事件に関与しているとみられる男2人を逮捕したと発表しました。

詳細は以下。

2 Men Charged in Quadruple Homicide in Troy; Motive Is a Mystery - The New York Times

警察は、第1級および第2級殺人の疑いで、2017年12月29日にジャスティン・C・マン(Justin C. Mann, 24)とジェイムズ・ホワイト(James White, 38)の両容疑者を逮捕したと発表しました。2人は容疑を否認しているそうです。

逮捕容疑は2017年12月21日、米国ニューヨーク州トロイのシャンタ・マイヤーズ(Shanta Myers)さん(36)宅の地下室で、マイヤーズさん本人、11歳の息子ジェレマイア(Jeremiah)ちゃん、5歳の娘シャニース(Shanise)ちゃん、そしてマイヤーズさんのパートナーのブランディ・メルス(Brandi Mells)さん(22)を縛り、喉を切り裂いて殺害したというもの。一家が電話に出ないことを心配した親戚が建物の管理人に連絡し、12月26日、現場を訪れた警察が4人の遺体を発見しました。

亡くなったマイヤーズさんには、もうひとり男の子がいて、名前はアイザイア・スミス(Isaiah Smith, 年齢はThe New York Timesの報道では16歳、Albany Times Unionの報道では15歳となっています)さんといいます。このアイザイアさんは事件当時家にいなかったため難を逃れ、一家で唯一の生き残りとなりました。Albany Times Unionによれば、彼は以下のように話しているとのこと。

「怖くて近所の店にも行けません」と、10代の少年は言った。「犯人たちが次はぼくを狙ってくるかどうかわかりません」

“I’m scared to go to the corner store,” the teen said. “I’m not sure if they’re coming for me next.”

警察の発表では、マン容疑者とホワイト容疑者はともに前科があり、一方が被害者のひとりと知り合いだったとのこと。動機はいまだ不明だそうです。

一家の殺害方法については12月31日付のAlbany Times Unionの記事にもっと詳しい説明があるんだけど、あまりに陰惨なので訳しません。ひどすぎて頭の中に「なぜ」の2文字しか浮かばないわ。やっぱり世の中で一番怖いのは、生きてる人間だよ。