石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

イアン・マッケラン、ロシア大使館前でチェチェンのゲイ虐待に抗議

IAN McKELLEN / イアン・マッケラン - オリジナルアートプリント(LARGE A3 - アーティストによって署名されました) #js002

英国の俳優サー・イアン・マッケランが、アムネスティなどがロンドンのロシア大使館前で実施した、チェチェン共和国での男性同性愛者/両性愛者虐待に対する抗議活動に参加しました。

詳細は以下。

Ian McKellen leads protest outside Russian Embassy over Chechnya persecution of gay men

ロシア連邦の北カフカス地方にあるチェチェン共和国では、100人以上の男性同性愛者/両性愛者が当局に拘束され、殴打や電気ショックなどで拷問されていると報じられています。こうした虐待で26人が殺されたという報道もある反面、同国のカディロフ首相の報道官は、チェチェンにはゲイの男性は「存在しない」ためそのようなことは起こっていないと断言しているとのこと。

アムネスティ・インターナショナルと英国の非営利団体ストーンウォールは2017年6月2日、ロンドンのロシア大使館前でこの事態に対する抗議活動を実施。サー・マッケランはこの活動に参加し、ロシアのLGBTネットワークからのメッセージを読み上げたとのこと。メッセージの内容はこちらです。

「連帯を示すためにやってきてくださったことに感謝します。わたしたちにはあなたがたが今すぐ必要です。正義を求め、あなたがたの政府に行動を起こさせるために、あなたがたが必要なのです」

‘Thank you for coming out to show your solidarity. Right now, we need you. We need you to demand justice and for your government to take action,’

当日の様子はこちら。

ホモフォビアに対し常に"You shall not pass!"とばかりに立ちはだかり続けるサー・マッケランに、心からの敬服を。