石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

Netflixドラマ『GLOW』S2にレズビアン要素登場(ややネタバレ)

【Winning/ウイニング】 ゴング


80年代の女子プロレス界が舞台のNetflixオリジナルドラマ『GLOW』に、シーズン2から新たにレズビアンのキャラクタが登場。この役を演じるシャキーラ・バレラ(Shakira Barrera)が、抱負を語っています。

詳細は以下。

Shakira Barrera on Shaking Up “GLOW” as a Sexy Lesbian Wrestler | NewNowNext

シャキーラの演じるヨランダ(ヨーヨー)はメキシコ系アメリカ人のストリッパーで、オープンリー・レズビアン。S1で抜けたチェリー(サイデル・ノエル/Sydelle Noel)の穴を埋めるレスラーとして主人公たちのレスリング団体に雇われたという設定です。この役のため、シャキーラは週に5回体を鍛え、脚に青あざができるほどハードにダンスの練習をしたそうです。前シーズンにはひとりもクィアなキャラがいなかったドラマで同性愛者役をつとめることについて、シャキーラはこんな風に話しています。

LGBTQコミュニティを表現することに、とてもワクワクしています。

I’m so excited to be representing the LGBTQ community.

わたしには、自分たちの姿をTVで見たがっているラテン系女性と同性愛者の友達がたくさんいるんです。だから、ものすごく責任を感じています。わたしがヨランダを演じることが気に入っているのと同じぐらい、みんながヨランダのことを気に入ってくれると嬉しいです。

I have so many Latina and gay friends who want to see themselves represented on TV, so I feel an extreme amount of responsibility. I hope people like her as much as I like playing her.

ちなみにヨランダが女性が好きな人だとわかるのはシーズン2第2話。主人公との会話中、ヨランダが元カノの話をあっけらかんとする場面が出てくるんです。昨年S1を見て、「面白いんだけど、OITNBのクリエイターが作っているドラマでこれだけ女性キャラがいるのにクィアな要素はゼロって……」とちょっと残念だったので、この展開が見られてうれしいわ。あたしはS2はまだ完走していないんですが、今シーズンでは女性同士のロマンスも描かれる(※リンク先ネタバレ注意)らしいので、最後まで見るのが今から楽しみです。