石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『MAKA-MAKA(1~2)』(岸虎次郎、ジャイブ)感想

MAKA-MAKA (Vol.1)

MAKA-MAKA (Vol.1)

MAKA-MAKA (Vol.2)

MAKA-MAKA (Vol.2)

全編脱ぎまくりヤリまくりなのに、なぜかサワヤカ

アメコミ風のかなりクセのある絵なので読む人を選ぶと思うけど、なんていうかすごく不思議な作品です。主人公・ジュンとネネのふたりが全編脱ぎまくりヤリまくりなのに変にいやらしくなくて、なんか清清しいというかかわいらしい感じがしました。絵が萌え系でないこともあるんだけど、オカズ系エロマンガの対極にある作品のような気がします。

あたしの個人的定義では、エロマンガとは「多かれ少なかれ、みさくらなんこつ的なものを含むマンガ」です。あそこまでとんでもない卑語&擬音まではいかないにしろ、なんかそういう非日常的な装置を使って読み手の性欲を喚起するように計算された作品、それがエロマンガだと思うのよ。でも『MAKA-MAKA』は違いますね。これはあくまで「単にセックスシーンがたくさんあるマンガ」に過ぎないような気がします。

ストーリーがよくある陳腐なレズ物/百合物じゃないのも面白かったですね。無理やり規定するなら、これはポリガミーのバイセクシャル女子ふたりの関係を描いた作品ってことになるんでしょうけど、たぶんふたりとも、「ポリガミー」とか「バイセクシャル」とかいうことは全然考えてないんじゃないかという気がします。なんにしろ、「女なのに女を好きになっちゃうなんて」とウジウジ悩みまくるとか「私以外の人と寝るなんて!」or「男と寝るなんて許せないキイイイ!」と怒るとか、そういう陳腐な展開が一切ないのって新鮮だわー。アホみたいな嫉妬が絡まないラブラブ関係って、見ていて楽しいなあ。

もちろんジュンとネネに何の悩みも葛藤もないわけではないんだけど、そのへんの表現も少なすぎずくどすぎずでいいですね。そういうのがあんまりくどすぎると、「こんなに傷ついている私だけど、女同士の関係が全てを癒してくれるの……。ああ女同士の愛って崇高」みたいな気持ち悪い話になっちゃうもんね。

まとめ

厳密に言えばこれはレズマンガではないし(ジュンもネネも彼氏持ちだから)、オカズにも向いてません。でも「女の子ふたりの愛ある関係を見たい」という人にはお勧めです。もうほんと、ラブラブで楽しいわよ。