石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『イチロー!(1)』(未影、芳文社)感想

イチロー! (1) (まんがタイムKRコミックス)

イチロー! (1) (まんがタイムKRコミックス)

百合物というより、「好きな女友達にベタベタとひっついていたいだけのヘテロ物」風味

『イチロー!』は予備校を舞台としたいわゆる萌え4コマで、登場人物のひとり(♀)が主人公(♀)を好いているという設定です。絵は綺麗だし、ギャグにも安定感があって、無難に笑える4コマという点では良い作品かもしれません。が、以下2点の理由から、個人的にはあまり面白く感じられませんでした。

  1. 百合キャラが、百合というより「トイレフレンド強化型(後述)のヘテロ」にしか見えない
  2. どこかで見たような設定ばかりで新鮮味が薄い

「トイレフレンド強化型のヘテロ」とは?

女子高なんかによくいる、「トイレまでベタベタくっついて行く女友達」路線の執着を漫画的にエスカレートさせただけの百合キャラを、あたしは勝手に「トイレフレンド強化型」と呼んでいます。つまり、恋愛感情や性的欲望ではなく、単なる親和欲求から終始女友達同士でくっついていたがる、というのが、あたしの言うところの「トイレフレンド強化型」です。で、『イチロー!(1)』に出てくる詩乃というキャラはまさにこのタイプだと思うわけです。

詩乃は一応、ややセクシュアルなほのめかしを含むギャグを時々かましたりしてはいます。でも、その言動は結局、ありがちなノンケ的ギャグ(例:『おかえりなさい、ごはんにする、お風呂にする? それとも……」とか言ってキャッキャと喜ぶ)をただなぞっているだけに過ぎず、たとえば『教艦ASTRO』(蕃納葱、芳文社)の烏丸先生や『落花流水』(真田一輝、芳文社)の秋穂にあるような、「この人と本当にそういうことがしたいんだ」という下心なり熱意なりは、ほとんど伝わってこないんです。

というわけで、少なくともあたしには、詩乃は「好きな女友達にベタベタとひっついていたいだけのヘテロ」としか思えませんでした。ガチ恋愛よりノンケ同士のいちゃいちゃがお好きな方にはかえって好印象なのかもしれませんが、あたしにはちょっと合いませんでした。

どこかで見たような設定が多い件について

「大人なのにロリ顔小柄で異様に若く見えるキャラ」というのは『ようこそ小豆沢美研へ!』(かつまれい、芳文社)の所長や『落花流水』の霜月真冬などで既出ですし、「妹萌えのヘンタイ兄」というのはとうの昔に『青い花』(志村貴子、太田出版)に登場しています。今さら同じような設定のキャラを持ってこられても、よほどのひねりがない限り、新鮮味は感じられません。そして、残念ですがこの作品にはそこまでのひねりはないように思います。

『イチロー!』のロリ顔キャラ・かなめが自分の写真集を売ったところで、既に『ようこそ小豆沢美研へ!』を読んでいる身としては、「それ、小豆沢美研の所長さんがとっくにやってます」と言わざるを得ません。また、かなめが大学生にしてランドセルを背負ってみせたところで、『落花流水』の真冬の、おばあちゃんまでロリ顔というとんでもなさには勝てません。また、『イチロー!』のななこの兄が妹のために転職したぐらいでは、『青い花』のあーちゃんの兄の、「連載第一回からトランクス一丁で妹の布団にもぐりこんでいる」という無茶苦茶さには勝てません。よくある設定をいまさら使うのなら、もっと既存の作品を上回るインパクトのあるものを出してきてほしかったところです。

唯一「これは新しい」と思ったところ

オタクネタの数々は目新しいと思いましたし、特に新藤まいの一人でどんどん煮詰まっていく内面描写なんてすごく面白かったです。こっち方面のギャグのウエイトが増えていけば、独自の面白さが増すんではないかと思いました。

まとめ

百合キャラは「トイレフレンド強化型」のヘテロっぽいし、その他の設定も新味が薄く、あたしにはあまり合いませんでした。どこかに何かもう少し強烈なスパイスが効いてればもっと良かったかも。ううむ。