石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

マルチナ・ナブラチロワ、全米オープン会場で公開プロポーズ

f:id:miyakichi:20140908111932j:plain

2014年9月6日、オープンリー・レズビアンのプロテニス選手、マルチナ・ナブラチロワ(Martina Navratilova)が、全米オープン会場で恋人のユリア・レミゴワ(Julia Lemigova)にプロポーズしました。プロポーズの様子は大スクリーンに映し出され、返事は「イエス」だったそうです。

詳細は以下。

Martina Navratilova Creates More U.S. Open Magic By Proposing To Girlfriend On Big Screen

プロポーズの様子はこちら。

会場の大スクリーンにも映ってました。

ナブラチロワはチェコ出身で、現在57歳。グランドスラム(四大大会)の女子シングルスで18回優勝した、テニス界のレジェンドです。1981年に初めてカミングアウトし、「史上初の、スーパースターでいる間に完全にカミングアウトした本格的スーパースター」と言われた人でもあります。

LGBTQ NATIONによると、このプロポーズは男子準決勝戦第1試合の後、つまり錦織圭vsノバク・ジョコビッチ戦が終わってから第2試合が始まるまでの間に実行されたとのこと。「チェンジコートの時にプロポーズしては」という提案もあったものの、選手の集中力を乱したくないという理由で、このタイミングになったのだそうです。実はナブラチロワ自身がこの後「チャンピオンズ・ダブルス」で出場することになっていたため時間がなく、錦織vsジョコビッチ戦が第5セットまで続いたらどうしようと気を揉んだとか。錦織選手があの第4セットをみごとに制してくれて、本当によかった。

なお、日本語の報道で、ナブラチロワが後からこのプロポーズについて「体外離脱体験だったわ」と語ったと説明されている意味がわからなかったんですが、AP通信の原文を見たらよくわかりました。こういう話だったんでした(以下、拙訳)。

「すごく緊張していました」ナブラチロワはのちに語った。「うまく行きましたよ。彼女はイエスと言ってくれました。ちょっと幽体離脱みたいな感じでした。ほら、スポーツイベントの最中にプロポーズする人って見たことあるでしょ、映画の中でも、実生活でも。それが今ここで自分の身に起こるなんてと思いました。自分で自分のプロポーズを外から眺めているみたいな気がしましたね」

"I was very nervous," Navratilova said later. "It came off. She said yes. It was kind of an out-of-body experience. You've seen people propose at sporting events before, in movies, in real life. Here it was happening to me. It was like I was watching myself do it."

Daily Mailによれば、ユリアさんとのおつきあいは2006年からだとのこと。おめでとうございます、どうぞお幸せに!