石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

レズビアンの元ヒューストン市長がアン・コールターのアホツイートにお返事 Twitter民もノリノリで反応

ブロマイド写真★『X-MEN ファイナル・ディシジョン』ハル・ベリー/手をのばすストーム

「アン・コールターがハリケーン「ハーヴィー」を同性愛のせいにする。Twitterで大喜利始まる」の続報。ハリケーンの責任をなすりつけられた同性愛者の元ヒューストン市長が、自らコールターのアホツイートにパーフェクトな返事をしていました。

詳細は以下。

Houston's former lesbian mayor has perfect response to Ann Coulter tweet

ことの発端は、米保守派コラムニストのアン・コールターが、テキサス州ヒューストンをハリケーンが襲ったのは気候変動のせいというより同市が以前レズビアンを市長に選んだことへの神罰だと考えた方が「ありえそうだ」とツイートしたことにあります。このあまりに非科学的な見解はTwitterユーザからさんざん突っ込まれ、ほとんど大喜利状態となっていました。そして、ハリケーンの責任を押し付けられた当のレズビアンの政治家、アニス(アニース)・パーカー(Annise Parker)氏も、自らこんな風にレスをつけていたんでした。

訳:「ちっ。誰もあたしの天候をあやつるスーパーパワーのことは気づいてないと思ったのに」。

これに対するTwitterユーザたちの反応。

訳:「かっこいい。つまり、レズビアンであるということは、X-メンのメンバーであるようなものだってことだ。これから同性愛嫌悪の人たちに何か説明するときはそう言うことにする。すごい」。

訳:「パーカーさん、スーパーパワーをお持ちなら、一年中いつでも気温が24~29℃になるようにしてもらえませんか?」。

訳:「パーカーさん、私は9日に結婚するんですけど、晴れていて暖かい日にしてもらえますか?」。

現在米国には超大型ハリケーン「イルマ」が新たに接近しているところです。アン・コールターのみならず、アンチゲイな人々がまた一斉に「同性愛への天罰」説を唱え始めることが容易に予想されますが、それに負けないぐらい、こうやって言い返してくれる人もいるんじゃないかとあたしは思ってます。