石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

ウィメンズマーチにトランスフォビックなプラカード カナダ・バンクーバー

trendyluzピンクPussy Cat Ears Pussycat帽子pussyhatレディース権3月帽子ビーニー

2018年1月20日、カナダのバンクーバーでのウィメンズマーチ参加者が、トランスミソジニスティック(トランス女性嫌悪的)な偏見を煽るプラカードを掲げていたと報じられています。

詳細は以下。

That Transphobic Sign At The Women's March Highlights White Feminism's Racism

まず写真をどうぞ。

写真内のプラカードに踊っている文章を訳すと、こんな感じです。

  • 「トランス女性は男だ」
  • 「真実はヘイトではない」
  • 「誇大広告を信じるな!」
  • 「トランスのイデオロギー=女性嫌悪+同性愛嫌悪」
  • 「女性とは『感じ』でも衣装でもパフォーマンスでもステレオタイプでもない」
  • 「女性とは生物学的な実体なのだ!」
  • 「男のエゴを慰撫するためにウソをつく倫理的義務も、道徳的義務もない」

これをピンクの帽子をかぶった白人女性が掲げて行進していたわけですよ。仮にも平等や団結や差別撲滅を訴えるはずのマーチで。

これを報じたINTOの記事では、このプラカードの主張を単純なトランスフォビアととらえず、その背後にある白人優越主義の問題まで視野に入れた上での丁寧な批判がなされています。以下、上記リンク先の論点を箇条書きで簡単にまとめてみます。

  1. そもそも「白人性」("whiteness")という概念は1700年代のアメリカ大陸へのヨーロッパ系入植者が創り出したもの
    • 米大陸ではもともとアイルランド人の年季契約奉公人は白人だとみなされていなかった
    • 労働力不足解消のためアフリカ人が連れてこられるようになると、支配集団はアイルランド人と黒人が結束して反乱を起こすことを恐れた
    • アイルランド人が黒人の逃亡奴隷を密告したり射殺したりすれば、土地や金や、「白人」と名乗る権利を与えることにした
  2. 米大陸の先住民には、英語で「トゥー・スピリット」と呼ばれるさまざまなアイデンティティがあったが、「白人」入植者たちは先住民は野蛮で指導が必要だとし、ジェンダーは男女の2種しかないという考えを押し付けた
    • しかし科学的に言えばジェンダーもセックスも社会的にかたちづくられたもので、固定的な2分法ではとらえられない
  3. だれが女でだれがそうでないかを決めつけるのは家父長制のすることで、家父長制は白人優越主義御用達の武器
    • あのプラカードを持っていた女性は、白人男性による抑圧の手先であり、同時に受益者でもある

「トゥー・スピリット」という語は日本ではまだあまり知られていないと思うので、以下、補足として『セクシュアリティ基本用語辞典』(ジョー・イーディー編著、金城克哉訳、明石書店)p. 321から説明を引用します。

■Two-spirit|トゥースピリット

アメリカの先住民やカナダの先住民(First Nationと呼ばれる)の中での非異性愛の要素を指して用いられる言葉で、ヨーロッパ中心的なベルダーシュという言葉の代わりとして近年急速に広まっている。北アメリカの先住民コミュニティの中ではジェンダー・アイデンティティの多様性について長い議論の歴史があり、コミュニティのメンバーはひとつのジェンダー・カテゴリーに属するか、あるいは複数のカテゴリー(3つまたは4つ)の中でいくつかのカテゴリーに属するとされていた。広義の意味ではトゥースピリットとは[...]LGBTコミュニティ全体を指すわけである(Jacobs et al., 1997)。また、女性か男性かではなく社会的に確立した地位にいる男性、異性の服装を身にまとい異性のような行動をする女性や男性、第3や第4のジェンダーとして周囲から認められる存在となっている男性や女性を指すという用いられ方が一般的である。

つまりこのプラカードって、カナダに(そしてアメリカに)「白人」と「それ以外」、「男」と「女」という2分法を持ち込み、それによって人々をランク付けして権力を確立してきた支配集団のやり方そのものなわけ。フェミニズムが、ひいてはウィメンズマーチが包括的ではなく、白人中心だという指摘は以前からされているのですが、その影にあるこうした構造的レイシズム(structural racism)の問題はやはり見逃してはならないと思いました。よく言われることだけど、差別って「制度化された不平等」ですからね。ダイアン・J・グッドマン(2000)が「偏見+社会的権力=抑圧」と書き、レ二・エド=ロッジ(2017)が「レイシズムとは偏見プラス権力と定義される」と説明したのと同じ現象が、ここには見られると思うんです。