石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

今週の未紹介LGBTニュース(2018年5月27日)

Sally Ride (My Itty-Bitty Bio)

サリー・ライドが切手に

USPS Releases New Stamp Honoring Sally Ride, First American Woman In Space

2012年に61歳で亡くなった米国初の女性宇宙飛行士サリー・ライド(Sally Ride)をたたえる切手が発行されたというニュース。サリーは亡くなるまで27年間同性パートと連れ添っていた人で、LGBTだということが知られていた世界で初めての宇宙飛行士でもあります。

2018年5月23日には、この切手の発行を記念し、サリーの親友だった女性3人による「指導的役割の女性(Women in Leadership)」というパネルディスカッションが開かれたとのこと。その3人とは、ビリー・ジーン・キング(Billie Jean King、テニス選手)、エレン・オチョア(Ellen Ochoa、米国初のヒスパニック系女性宇宙飛行士で、ジョンソン宇宙センター所長)、コンドリーザ・ライス(Condoleezza Rice、第66代国務長官)です。すごいな、見たかったなあこのパネルディスカッション。

Netflix『クィア・アイ』S2は2018年6月15日配信開始

2018年2月7日にS1配信開始、3月27日にS2制作発表ときて、6月15日にもうS2配信とは。仕事が早いわね、Netflix!

ライアン・レイノルズ、『ゴールデン・ガールズ』パロディーでデップー2ファンに感謝

Ryan Reynolds Thanks “Deadpool 2” Fans With “Golden Girls” Tribute Video | NewNowNext

カナダの俳優ライアン・レイノルズ(Ryan Reynolds)が、主演映画『デッドプール2』を見てくれたファンへの感謝として、米国の名作シットコム『ゴールデン・ガールズ』テーマソングのデップー版パロディーをInstagramに上げたというニュース。

動画はこちらです。

Everyone seeing #deadpool2 this weekend: Thank You For Being A Friend. ⚔️

Ryan Reynoldsさん(@vancityreynolds)がシェアした投稿 -

元ネタはこちら。


クリステン・スチュワート、バイセクシュアル映画「The Chronology of Water(原題)」で監督デビューへ

Kristen Stewart to Direct Bisexual Drama ‘The Chronology of Water’ | IndieWire

米女優クリステン・スチュワート(Kristen Stewart)が、作家のリディア・ユクナヴィッチ(Lidia Yuknavitch)のメモワールThe Chronology of Waterをもとにした映画の脚本・監督にとりかかる予定だというニュース。ユクナヴィッチはポートランド出身のバイセクシュアルの作家で、彼女の波乱万丈な半生は、本人によるTEDでうかがい知ることができます。詳しくは以下を。

クリステンは2018年の夏からこの映画の制作を開始する予定だとのことです。

ホイットニー伝記映画の新ポスター公開

New Documentary Poster Features Never-Before-Seen Photo of Whitney Houston | NewNowNext

ホイットニー・ヒューストンの生涯を描くドキュメンタリー映画『Whitney(原題)』の新ポスターが公開されました。

この映画の米国での公開は2018年7月6日から。トレイラーは以下。


ハワイがコンバージョン・セラピー禁止

Hawaii Officially Becomes 12th State to Ban Conversion Therapy | NewNowNext

米国ハワイ州のデイヴィッド・イゲ(David Ige)知事が、未成年者へのコンバージョン・セラピー(性的指向や性自認をシスヘテロへと『治す』という名目の、科学的エビデンスのないセラピー)を禁止する法案に署名したというニュース。これにより同州は、全米で12番目にコンバージョン・セラピーを禁止した州となりました。

コンバージョン・セラピーとはどんなことをするのか、なぜ禁止の動きが広がっているのかについて知りたい方は、以下リンク先をどうぞ。

もっと手っ取り早い方法としては、ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』のこちらのシーンを見るという手もあります。米国で実際におこなわれていた/いる「治療」を、ゲイのプロデューサーのライアン・マーフィー(Ryan Murphy)がドラマに組み込んだシーンです。


H&Mが初のプライドコレクション発表

H&M Launches Its First Ever Pride Collection | NewNowNext

ファストファッション大手のH&Mが、LGBTコミュニティへの支援を表すため、同社初のプライド・コレクションを発表したというニュース。『ル・ポールのドラァグ・レース』のAjaやオープンリー・ゲイの五輪選手ガス・ケンワージー(Gus Kenworthy)などがモデルをつとめ、2018年5月31日から全米148店舗で購入可能だそうです。

H&Mのスポークスパーソン、エミリー・スカーレット(Emily Scarlett)氏は、このコレクションについて、「平等、多様性、包括は当社の価値観に長らく、深く根付いています」と話しているとのこと。それはいいんだけど、H&Mって児童労働妊婦差別で批判されてた企業よね? そこは改善されたのかしら。これで「子供や女性を搾取して作ったものを、先進国のリッチなゲイが安価で楽しむ」という構図になってたりしたら、もう本当に目も当てられないと思うんだけど。

ローマ法王、ゲイを司祭職につかせるなと発言

Pope tells bishops not to accept gay seminarians: report | Reuters

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が2018年5月21日、イタリアで開かれた密室会議で、司祭志願者を綿密に調べ、同性愛者である疑いのある人物はすべて退けるようにと聖職者らに求めたというニュース。

「神学校の入学者選定では常に注意して見張っていなさい、警戒を解いてはいけません」と法王は言ったと、「ラ・スタンパ」紙のWebサービス、ヴァティカン・インサイダーは書いた。「疑いがある場合は、入れない方がいい」

“Keep an eye on the admissions to seminaries, keep your eyes open,” the pope was quoted as saying by newspaper La Stampa’s Vatican Insider service. “If in doubt, better not let them enter.”

調べてみたところヴァティカン・インサイダーの英語版の記事が見つかったので、以下にそちらへのリンクを貼っておきます。

ところで何がひどいってこの発言、チリ人の同性愛者男性に対して法王が「神はあなたをこのようにつくり、このままのあなたを愛している」と言ったと報じられた翌日のことなんですよね。これだからカトリック教会は信じられないんだよ。

トランス女性の遺体が川で発見され身元特定 米テキサス州

Woman Found Dead In White Rock Creek Identified | Dallas, TX Patch

2018年5月12日に米国テキサス州ダラスのホワイトロック川で遺体で発見されていたトランス女性の身元を、警察が特定したそうです。しかしながら、トランスジェンダーのコミュニティの人々によれば彼女はニコル・ホール(Nicole Hall)という名前のトランス女性なのに、警察は彼女のことを「39歳のトランスジェンダーの男性」として男性名で報告しているとのこと。

遺体にはけがの痕跡が見られ、死因はまだわかっていないそうです。ちなみにダラスでは5月9日にトランス女性のKarla Patricia Pavónさんが自宅で首を絞められて亡くなるという事件があったばかりですが、警察はこのふたつの事件に関連があるとは考えていないとのこと。