石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

Facebookがプロフィールのジェンダー設定を改善、選択肢を多様に

FACEBOOK LIKE
FACEBOOK LIKE / owenwbrown

2014年2月13年、Facebookが、プロフィールの設定で「男・女」の2択以外に「custom gender(カスタムジェンダー)」から多様な表現を選べる機能を追加しました。

詳細は以下。

男女だけじゃない、フェイスブックに多様な性別の選択肢 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

Facebook Now Allows Users To Pick A Custom Gender Beyond Male Or Female

以下、AFPBB Newsより引用。

【2月14日 AFP】米交流サイト大手フェイスブック(Facebook)は13日、これまで男女2択しかなかったユーザープロフィールの性別欄に「トランスジェンダー」「インターセックス」など新たな選択肢を多数、追加した。プロフィール設定ページの性別欄に設けられた「custom gender(カスタムジェンダー)」の候補から選べる。

また、投稿やメッセージ内で使う代名詞も「he/him(彼)」「she/her(彼女)」に加えて、性別を限定しない単数代名詞としても使われる「they/their」が選べるようになった。

ちなみに「トランスジェンダー」だけでなく「シスジェンダー」も選べるんですよ。AFPBBによると、今のところこの新機能が使えるのは米国内の英語ページのみだとのこと。今後対応範囲を拡げていくそうなので、いずれ日本のFacebookにも導入されるのかもしれませんね。

BuzzFeedでは、実際の設定の仕方などがもう少し詳しく解説されています。それによると、この機能では単にジェンダーの表示が変えられるだけではなく、ジェンダーを変えたことをタイムラインに表示するかどうかも選べるとのこと。さらに、ジェンダーの公開範囲も設定できるのだそうです。設定画面はこんな感じ。

なお、BuzzFeedのコメント欄にひとつおもしろい指摘がありました。これまでお母さんのFacebookページで「娘(daughter)」と表示されていた人が、自分のプロフィールの代名詞をジェンダー・ニュートラルなもの(they/their)に変えたところ、お母さんのページ上の表記が自動的に「息子(son)」に変わってしまったのだそうです。つまり、現段階では親から見た子供のジェンダーは男女2択のままで、「子(child)」のような中立的なラベルは用意されていないらしいとのことでした。だとしたら、このあたりはまだ改善の余地がありそうですね。日本のFacebookにこの機能が導入されるまでに、このへんの調整も進んでるといいなと思います。