石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

NHKが「LGBT当事者アンケート調査」結果発表

f:id:miyakichi:20151228164037j:plain

NHKが日本全国の性的マイノリティ当事者を対象に実施した大規模なWebアンケート調査の結果を発表しました。調査時期は2015年10月の計21日間で、全国47都道府県の計2600人が回答。分析には専門家が加わっています。

詳細は以下。

LGBT当事者2600人の声から - NHKオンライン

上記リンク先の発表は設問ごとの結果がグラフで表示されていてわかりやすいし(アニメーション表示はなくてもいいと思いますが)、回答者数も明示されているし、自由記述式の「当事者の声」や専門家の考察も興味深いので、ぜひまずそちらをご覧ください。

以下は、自分用のメモとしての大雑把なまとめと、感想です。

「LGBT当事者アンケート」について、自分用のメモ

年代
10代から70代まで全世代の回答あり(20代が46.0%と最多)
都道府県
全部の都道府県から回答あり
カミングアウト
「誰にもしていない」は6.2%。カミングアウトした相手の人数は「10人未満」が4割以上。
カミングアウトした相手は?(複数回答可)
「友人」が最多、家族(親・きょうだい・配偶者)は半数程度。「職場・学校」でカミングアウトした人は地方の方が少ない
LGBTであることで健康への影響は?
「あった」「ややあった」が計39.8%(具体例:『自認する性のトイレが使えず膀胱炎に』、『自分のことを話せないストレスでパニック障害』、『職場で性的マイノリティであることを差別されストレスで病気に』など)
就労の形態
「正社員」が最多で40.2%(学生は『無職』としてカウント)。戸籍上「男性」である人は「女性」より正社員率が高かった
住まい
賃貸(44.4%)が最多。持ち家(11.2%)は、戸籍上「男性」の人の方が多かった
現在のパートナーの有無は?
「いる」47.6%、「いない」50.1%
パートナーとの同居
「同居している」(45.4%)、「同居していない」(53.5%)
子どもの有無・希望は?
「いる」(5.6%)、「いないが欲しい」(35.9%)
結婚相当証明書申請したい?
「申請したい」(38.8%)、「パートナーができたら申請したい」(43.6%)
申請したい理由は?(複数回答可)
「医療を受ける際、家族と同等の扱いを受けたい」が最多
同性間の結婚についてどう考える?
「同性間の結婚を認める法律を作って欲しい」(65.4%)、「結婚ではなくパートナー関係の登録制度を国が作って欲しい」(25.3%)

感想

  • ちょっと前、「LGBTはパートナーがいるのだから恵まれている。パートナーがいない異性愛者の自分こそが真のマイノリティ」(大意)という謎の説を唱える人というのを見かけたんだけど、やっぱりLGBT(を含む性的マイノリティ当事者)だって約半数はパートナーがいないんじゃん。手前勝手な妄想だけで捏造したLGBT像を自己憐憫オナニーの道具に使うの、やめてほしいわ。
  • 性的マイノリティの中にもジェンダー格差があるという知識はあったものの、この調査でもやっぱり「戸籍上の性別が『男性』である方が正社員率が高く、持ち家率も高い」という救われない結果がでていて、がっくり。この国では、「女」でしかもセクマイである時点で既にツーストライクなのだと改めて実感。
  • 「結婚証明書申請したい?」への回答が、「申請したい」+「パートナーができたら申請したい」で8割以上に達しているとは驚き。「異性愛者の真似などいらぬ」という冷笑とか、「うちはこれこれこういう努力をしているから制度なんていらない。みんなも同じようにすべき」という自助努力論とかの印象がかなり強かったんだけど、あれは観測範囲の偏りだったのか。
  • 「同性間の結婚を認める法律を作って欲しい」派が65.4%もいたことにも驚き。てっきり、「同性婚賛成派は家父長制の犬だー!!」とか叫びながら斬りかかってくるような人がもっと多いのかと思ってた。あれも観測範囲の(略)
  • しかし結婚相当証明書を申請したい理由の1位が「医療を受ける際、家族と同等の扱いを受けたい」であることや、「仕事や住まいに関する悩み」の自由記述回答で「物件探しで苦労した。男2人というだけで門前払いされた」、「パートナーが無収入で公営住宅に一緒に入りたいが、親族ではないため審査が通らない」、「仕事の都合上、海外赴任の機会があるが、その際パートナーとの生活が保障されないため単身赴任することになる」などの声が出ていることから見て、何らかの制度が必要だと考える人が多いのは当然と言えば当然かも。
    • そう言えば2015年3月に渋谷で配られたアンチゲイなアジビラには、あたかもこうした賃貸の入居問題や病院での付き添い問題が存在しないかのような大嘘が書かれてましたっけ。この手のガセネタを鵜呑みにしているような方々には、とりあえずこのアンケート結果を教えてさしあげるとよろしいのでは?