石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

地下鉄でホモフォビックな暴力 女性が脊椎骨折 米NYC

f:id:miyakichi:20181211200740j:plain

2018年11月30日、米国ニューヨークシティーの地下鉄で男が女性に暴力をふるい、けがをさせました。ニューヨーク市警はこの男がホモフォビックな罵倒語を使っていたとし、ヘイトクライムとして捜査しています。

詳細は以下。

Woman suffers fractured spine in Queens subway attack, police investigating as hate crime | abc7ny.com

事件が起こった場所はクイーンズ。地下鉄の車両の中で20代女性と口論になった男が、立ち去ろうとしたその女性に後ろから近付いて後頭部を殴り、地面に突き倒したのだそうです。女性は脊椎が折れ、男はそのまま逃走しました。

out.comによると、口論の発端は、この男が被害者女性が別の女性と軽いキスを交わすのを見て、彼女がレズビアンだと考えたことにある模様。警察は男の年代(50代)や身長体重(5フィート11インチ、220ポンド)などを発表して捜査を続けています

220ポンドというと、ボクシングならヘビー級の体重です。ヘビー級の男が女性の後頭部を背後から殴るだなんて、殺す気かよ。卑怯者め。それにだいたい、赤の他人の性的指向が何であろうとおまえに関係ないだろ。

それにしても米国の地下鉄でのこういう事件、後を絶ちませんよねえ。ぱっと思い出せるだけでこれぐらい出てくるもん。

うんざりだ。