石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

トロントでゲイ男性2人殺害か 造園業者の男を逮捕

f:id:miyakichi:20180120111936j:plain
カナダ・トロントの警察が、2017年にトロントのチャーチ・アンド・ウェルスレイ近辺で姿を消したゲイ男性、アンドリュー・キンズマン(Andrew Kinsman)さんとセリム・エスン(Selim Esen)さんを殺害した疑いで、2018年1月18日に66歳の造園業者ブルース・マッカーサー(Bruce McArthur)を逮捕したと発表しました。

詳細は以下。

Man charged with murder in Church and Wellesley disappearances | Toronto Star

亡くなったキンズマンさんとエスンさんの写真はこちら。

チャーチ・アンド・ウェルスレイは「トロントのLGBTライフの中心地」、「ゲイ・ビレッジ」などと言われている地域です。ほんの1か月ほど前まで、警察はこのふたりの失踪につながりがあるかどうかは不明だとしてシリアルキラー説を否定していたとのこと。しかし、捜査によって事件と事件の関連が浮かび上がってきたとして、警察は今やキンズマンさんとエスンさんを両方殺害した疑いでマッカーサー容疑者を起訴しており、他にも犠牲者がいると考えているのだそうです。

キンズマンさんとエスンさんの遺体はいまだ見つかっておらず、警察は既にマッカーサー容疑者に関連があるトロントの4か所の土地と、オンタリオ州マドックの土地1か所の調査を始めたと発表しています。Tronto Starによれば、「ゲイ・ビレッジ」近辺で起きている失踪事件は以下の通り。(名前は敬称略、カッコ内は生きている姿を最後に目撃された日付です)

  1. Skandaraj “Skanda” Navaratnam, 40(2010年9月6日)
  2. Abdulbasir “Basir” Faizi(2010年12月29日)
  3. Majeed “Hamid” Kayhan, 59(2012年10月14日)
  4. Selim Esen, 44(2017年4月14日)
  5. Andrew Kinsman, 49(2017年6月26日)
  6. Alloura Wells, 27(2017年7月)※2017年8月5日にRosedale ravineで遺体が発見される
  7. Chase Kincaid, 30(2017年8月11日)
  8. Tess Richey, 22(2017年11月25日)※2017年11月29日に狭い裏通りで遺体が発見される

……どうしよう、残りの遺体が全部この容疑者に関連のある土地から出てきたら。

調べたら今年1月10日の時点でNOW Magazineがこれらの失踪事件について報じていて、上記失踪者のうち5人(Skandaraj Navaratnamさん、Abdulbasir Faiziさん、Majeed Kayhanさん、Selim Esenさん、Andrew Kinsmanさん)がゲイ男性で、うち4人は有色人種であると報じています。警察の捜査が進まないのは人種偏見が背後にあるからではないかというのがNOW Magazineの指摘。トロント市警が今後適確に捜査を進め、事件の全貌を無事解明してくれるといいんだけど。