石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

コロンビアでゲイ男性3人のポリアモリー婚が認められる

f:id:miyakichi:20170617105901j:plain

南米コロンビアで2017年6月12日、ゲイ男性3人のポリアモリー(複数愛)世帯が法的に認められたことが明らかになりました。同国では2016年から同性婚が法制化されていますが、ポリアモリー婚が認められたのはこれが初めてだそうです。

詳細は以下。

同性愛の男性3人が家族に コロンビア、初の「ポリアモリー婚」

上記リンク先を読んで、「他国にも似たような話があったよね?」と自分のブログの過去記事を掘り起こしてみたところ、ブラジルと米国の例が見つかりました。

ただ、このブラジルの3人は結婚ではなくシビルユニオン登録ですし、米国でもやはり結婚ではなく、弁護士に依頼して資産などの権利が均等にできるよう書類手続きを済ませてあるという関係なんですよね。そこからさらに一歩踏み込んだというのが、今回のコロンビアの動きのユニークなところ。

スペイン語で検索してみたところ、この3人のインタビュー映像が見つかりました。

3人のうちひとりが「こうなることは予測していませんでした。リッキー・マーティンがカミングアウトしたときと同じくらい、こんなにも人々から支援されるとは思ってもいなかったんですよ」と言っていて、「たとえにリッキー・マーティンが出てくるあたりがさすがスペイン語圏」と思ってしまいましたよ。どうぞ3人でこれからもお幸せに。