読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャー。

マイアミの通りが「ムーンライト・ウェイ」に改名 映画『ムーンライト』を称えるため

LGBTニュース ゲイ 映画

Moonlight

黒人ゲイの成長を描き、第89回アカデミー作品賞に輝いた映画『ムーンライト』の舞台は、フロリダ州マイアミ・デイド郡のリバティ・シティ。同映画を称え、リバティ・シティのある通りが「ムーンライト・ウェイ」と改名されるそうです。

詳細は以下。

Miami-Dade to Rename Liberty City Stretch "Moonlight Way" | Miami New Times

Miami Heraldによれば、『ムーンライト』は、「マイアミの映画(Miami film)にしたい」というバリー・ジェンキンス(Barry Jenkins)監督の意向で、約500万ドルの税優遇措置を蹴ってまでマイアミで撮影された映画なのだそうです。ちなみにジェンキンス監督自身がマイアミ出身で、「この街がわたしを作った」と言っているとのこと。また、『ムーンライト』の原案となった戯曲を手掛けたタレル・アルバン・マクレイニー(Tarell Alvin McCraney)氏もマイアミ出身。氏はリバティ・シティのアーティストたちを支援するため、自分もかつて学んだアフリカン・ヘリテージ・センター(African Heritage Cultural Arts Center)で教鞭をとっているのだそうです。

そんなわけでいわばこの映画の地元であるマイアミ・デイド郡は、同作品のオスカー作品賞受賞を受け、リバティー・シティーの通りの一部を「ムーンライト・ウェイ」と改名すると決めたのだそうです。以下、Miami New Timesより、この改名を提唱したオードリー・エドモンソン(Audrey Edmonson)郡政委員の声。

「この映画は、少なくともわたしが見たところでは、わたしたちの多くが大都市の貧民街での子供時代にどのように育ち、何をやり抜き、何に耐えてきたかを確かに描いています」

"This movie — at least what I got from it — really depicts the life of how a lot of us were raised and what we had to go through and endure as children in the inner city,"

「この映画が、今もこの貧民街に住んでいて、ろくな人間になれないと言われている子供たちのもとに届きますように。『ムーンライト』は、人はどこで生まれ育とうとなお、ひとかどの人物になれるのだということを教えてくれているのです」

"This goes out to children still living here in the inner city that are told they'll never amount to anything. It shows that it doesn't matter how you were raised or where you grew up; you can still turn out to be someone."

「ムーンライト・ウェイ」は、ノースウエスト22ndアベニューの、ノースウエスト61stストリートからノースウエスト66thストリートまでの間の区間だとのこと。

黒人ゲイというダブル・マイノリティ(貧困も加えればトリプルかも)が主人公の映画が大きな賞を獲ったばかりか、地元でもここまで支持され、たたえられているというのはすごいですね。そういえば『ブロークバック・マウンテン』のときにも、バーモント州のある山を「ブロークバック・マウンテン」という名前にするよう求める動きが2006年にありましたけど、その後実現したという話は寡聞にして聞きません。映画の方向性の違いなのか、作品賞を受賞したかしないかの違いなのか、それともこれが11年間の進歩というやつなのか?(なんせ2006年の時点では"Don't Ask, Don't Tell"はまだ撤廃されておらず、同性同士の結婚も連邦レベルでは認められていませんでしたからね)

『ストレンジャー・シングス』バーブ役のシャノン・パーサーが両性愛者であることを公表

LGBTニュース バイセクシュアル

ファンコPOPテレビ:ストレンジャー・シングス - バーブ/Barb [並行輸入品]

Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』でデビューして大人気となった19歳の米女優シャノン・パーサー(Shannon Purser)が、Twitterで自分の両性愛について公表しています。

詳細は以下。

The Actor Who Played Barb On "Stranger Things" Opened Up About Her Bisexuality On Twitter

まず2017年4月11日、シャノンはこんなツイートをしています。

訳:「自分のセクシュアリティと折り合いをつけるというのは、一連のプロセス。そのうちなんとかなる。もっと早くそのことを知っていられたらよかったのに」。

訳:「セクシュアリティのことで、他にもっと早く知っていたらと思うのは、慎重に事を進めるということ。セクシュアリティというのは、ある人がどんな人であるかを、その人が望む分だけ明らかにするものだから」。

訳:「でも、なんとかなる。みんななんとかなる。いや、すばらしい人間になるってわけじゃないけど」。

で、その後、4月19日に改めて画像でこんな長文を投稿。

まず出だしの部分だけ訳してみると、こんな感じです。

いつもはこういうことはしないのですが、今が個人的なことを言うのにちょうどいいときだと思います。つい最近、バイセクシュアルとして家族と友人にカミングアウトしました。これはまだ自分の中で処理し、理解しようとしていることであって、あまりこのことについて語りすぎたくはないと思います。わたしはLGBTコミュニティにおいてほんとうにド新人なんです。

つまりこれが、シャノン・パーサーの、パブリックな場での初カミングアウトということになるみたい。『ストレンジャー・シングス』は全部見たし、バーブも大好きなキャラなんですが、シャノンがバイセクシュアルだとは気づかなかったわ。あたしのゲイダーも、まだまだか。

さて、画像の文章のここから先、「クィアベイティング("queerbaiting")」や「ベロニカのシッパー("beronica shippers")」などに関するくだりは、このツイートだけではちょっと意味がわかりにくいかも。これは少し前、シャノンが、自身も出演しているドラマ『リバーデイル』のベティとヴェロニカという女性キャラ同士のカップリング(通称『ベロニカ』)のファンたちに苦言を呈して批判されたことに対する話です。『リバーデイル』では配信開始前からベティとヴェロニカのキスシーンが話題にされていたのに、いざシーズンが始まってみるとクィアな話ではなかったため、クィアベイティング(ドラマなどで、いかにもクィアなロマンスが出てきそうな描写で視聴者を釣り、結局肝心のロマンスは描かないまま終わるというパターンのこと)だとして怒っていた人がたくさんいたんですよ。シャノンは4月18日にTwitterでこうしたファンたちを「怒れる熱狂的ファン("angry stan")」と呼んで、「カップリングの応援はすばらしいことだけれど、自分の推すカップリングを推さない人に対してひどい態度をとるのはすばらしくない」などと書いていたとのこと(現在これらのツイートは削除されています)。それで『リバーデイル』のファンダムから反発が起きて、その後発表されたのがこの画像の文章だったというわけ。さて、ここまで踏まえた上で、後半をざっと訳しておきます。

今日まで、『クィアベイティング』ということばは一度たりとも聞いたことがありませんでした。それはそれとして、わたしは誰とも仲たがいしたいと思っていませんし、わたしのツイートは配慮に欠けるものでした。わたしはベロニカのシッパー全員について言及したわけではなく、わたしに対して個人的にひどいことをした人の話をしたのですが、ああいうことを言うのは賢いことでも親切なことでもありませんでした。特に、愛を語れといつも教えられてきたクリスチャンとして、自分で自分に失望しています。親切に連絡してくれて、クィアベイティングについてどう思うか教えてくれたみなさん、ありがとうございます。傷ついたすべての方々に謝罪します。愛をこめて、シャノン

自分自身がバイセクシュアルで、しかもショウビジネスの世界にいて「クィアベイティング」を知らなかったなんてことがあるのかとちょっと驚きましたが、19歳ならそれもあり得るかもしれないとも思います。何はともあれ、これでバイセクシュアルとしてカミングアウトしているセレブリティがまたひとり増えたのはいいことなんじゃないかな。 J. Walter Thompson Innovation Groupの調査では、Z世代(13~20歳)の3分の1以上がバイセクシュアルだったそうですから、そこからするとまだ少なすぎるぐらいかもしれません。年寄り世代の間ではバイセクシュアルはまだまだ不可視化されてしまいやすい(『LGBTは~』とかなんとか言いつつ、同性愛者またはトランスジェンダーの人々のことしか念頭に置いていない意見のなんと多いことか!)ものですが、今後それも少しずつ変わっていくのではないでしょうか。とりあえず、『ストレンジャー・シングス』や『リバーデイル』でシャノン・パーサーのファンになった人たちが、これから「LGBT(もしくは『LGBTQ+』、『セクシュアル・マイノリティ』etc.)は云々」という文言を見かけたとき、「Bはどうなってる?」とナチュラルに気にかけてくれるようだといいなと思います。

サミラ・ワイリーとローレン・モレッリ、現在イタリアでハネムーン中

LGBTニュース 百合/レズビアン

【 MOMO wedding 】 ウエディング ガーランド [ JUST MARRIED + ハートプレート ] + ハート バルーン セット 結婚式 二次会 撮影に! (カントリーセット)

2017年3月に結婚した米女優サミラ・ワイリー(Samira Wiley)と脚本家ローレン・モレッリ(Lauren Morelli)は、現在(少なくとも2017年4月18日現在)イタリアでハネムーン中らしいです。

詳細は以下。

Samira Wiley and Lauren Morelli's Italian Honeymoon Will Give You FOMO - Samira Wiley Honeymoon Photos

以下、ふたりのInstagramからハネムーン写真を見繕って貼ってみます。

機内でのビール。

🍯🌛!

Lauren Morelliさん(@lomorelli)がシェアした投稿 -

誕生日(4月15日)をハネムーン中に迎えたサミラ。ローレンによれば、サミラは移動中ひたすら寝ていたそうです。

Happy birthday to my wife, who has successfully slept on any mode of transportation we encountered on our honeymoon.

Lauren Morelliさん(@lomorelli)がシェアした投稿 -

My wife took this picture, I didn't put a filter on it, and we're on our honeymoon in Italy 🇮🇹. Happy Birthday to me. #30

Samira Wileyさん(@whododatlikedat)がシェアした投稿 -

ローマにて。

Me n my Rome ninjas.

Samira Wileyさん(@whododatlikedat)がシェアした投稿 -

出世作『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック(OITNB)』シーズン1の撮影が始まったときサミラ・ワイリーはまだジュリアードを出たばかりの新人で、いつ仕事がなくなるかわからないからと、シーズン終了までずっとバーテンダーのアルバイトを続けていたそうです。一方、同番組の脚本家で、当時男性と結婚したばかりだったローレンは、OITNBの制作中(2012)に自分が同性愛者だということに気づき、ずいぶん悩んでいたとのこと。その後ローレンは2014年に夫と離婚。そして、今や押しも押されもせぬ売れっ子になったサミラと、OITNBシーズン4終盤でサミラ演じるキャラに起こる衝撃的展開を書いたローレン(ローレンがあの脚本を書いたことを、サミラは『光栄に思う』と言っています)が結婚してハネムーン中なんですから、人生ってどこでどうなるかわからないものですね。どっちを向いても気が滅入るニュースばかりの昨今、たまにこういうハッピーな写真を眺めてほっとできるのはありがたいことだと思います。

米バンド、レズビアンカップルのファンを新作MVでフィーチャー

LGBTニュース 百合/レズビアン

Oceans Away

米国のオルタナティブロックバンド、アリゾナ(A R I Z O N A)が、あるレズビアンカップルのファンから届いたメールに心を動かされ、新曲のミュージックビデオにこのカップルを登場させました。

詳細は以下。

This Couple's Love Story Inspired A Heartfelt (And Funky) Music Video | The Huffington Post

この新曲のタイトルは"Electric Touch"といい、2017年4月11日からダウンロード販売されています。動画はこちら。

動画内では音楽に合わせ、アリゾナが2017年のシアトル公演前にレズビアンのヘイリー・リッチー(Hailee Ritcey)さんから受け取ったメールの内容が紹介されています。メールの中でヘイリーさんは、自分と彼女は4年近くのつきあいで、別れたりくっついたりでもうだめだと思ったときにアリゾナの音楽がふたりを支えてくれたこと、彼女にサプライズでアリゾナのシアトル公演のチケットをプレゼントしたことなどを綴った後、最後にこんなことを書いています。

なんとかして彼女に一曲捧げていただくことはできないでしょうか。メールを読んでくださってありがとう、あなたがたの音楽に感謝しています。

ヘイリー

Is there any way you could dedicate a song to her?
Thank you for your time and your music.

Hailee

そして、アリゾナからの返事がこちら。

親愛なるヘイリー、もっといい案があります。
あなたたちの両方に、この動画を捧げます。

愛をこめて、アリゾナ

DEAR HAILEY, WE HAVE A BETTER IDEA
WE DEDICATE THIS VIDEO TO BOTH OF YOUV

LOVE, A R I Z O N A

それでできあがったのがこのMVというわけ。なお米ハフポストによれば、アリゾナはこの動画を「なんらかの政治的な声明というより、シンプルなラブストーリーとして」見てほしいと考えているとのことです。

「恋愛といえばデフォルトでヘテロ恋愛を、カップルと言えばデフォルトで男女カップルを指す」という時代があまりにも長かっただけに、こういうのを見ると感慨深いわ……。しかもk.d.ラングでもメリッサ・エスリッジでもなく、男性3人のエレクトロ・ポップトリオの曲でレズビアンカップルのラブストーリーが見られちゃうんだもん、21世紀ってすごい。ここからさらにもう一歩進めて、若い世代から「これって何がどうすごかったの? 別にフツーじゃない?」と言われるようになるところまで持っていけたらいいな。

Netflixドラマ『センス8』シーズン2オフィシャルトレイラー

LGBTニュース ドラマ 百合/レズビアン ゲイ トランスジェンダー

Sense 8 Main Theme (Netflix series)

多様なジェンダーとセクシュアリティのキャラたちが活躍するNetflixオリジナルドラマ『センス8』シーズン2は、2017年5月5日配信開始。YouTubeでトレイラーが公開されています。

英語ポルトガル語のトレイラーが4月10日に公開されて以来、YouTubeで「センス8 トレイラー」などの語で検索しては「日本語版が出てこない……作ってないのか……」と思ってたんですが、まさか公式が「トレイラー」とか「予告」とかの語をひとつも使ってなかったとは。そりゃ、なかなか見つからなかったはずだわ。

以下、YouTubeよりシーズン2の内容説明です。

『マトリックス』などを手掛けたクリエイター陣によるNetflixオリジナルシリーズ『センス8』、シーズン2の予告編が到着。物語は世界各地に散らばっていながらも感覚や感情を共有できるようになった、見知らぬ8人の男女を主軸に展開する。まるで近くにいるかのように相手を見たり、話したりすることができ、互いの最も深い秘密にアクセスすることができる彼ら。シーズン2では、そんな彼らの命を狙う謎の組織BPOの新たな真実が明らかに。5月5日配信スタート!

大阪市の同性カップルが養育里親に 全国初(※参考までに、同性カップルの育児に関する過去エントリ一覧も載せました)

LGBTニュース ゲイ

2 x NSI - All Families Matter Gay or Straight! Pride Postcards - 6'' x 4'' Inches

大阪市が2016年12月、市内に住む男性同士のカップルを、10代の子供の養育里親として認定していたことがわかりました。厚生労働省によれば、同性カップルが養育里親に認定されたのは全国で初ではないかのこと。

詳細は以下。

既に日本語でたくさん報道されていて、SNS等でのリアクションも出尽くしているようなので、屋上屋を架すようなコメントは控えます。代わりに、これまで同性カップルの育児について書いてきたブログエントリのリストを以下に貼っておきます。

しょぼい嫁姑バトル―ドラマ『スーパーガール』2x17感想

ドラマ 百合/レズビアン

Supergirl 2018 Calendar

メインプロット見るのがますますつらい……

地球から連れ去られそうになったモン=エルが救出される回。スーパーヒーローのドラマのはずだったカーラの物語が、今やただの「ダメ男をめぐる、しょぼい嫁姑流血バトル」と化してしまっています。サンバースのストーリーとの落差が痛々しいです。

これっていったい何の番組だったっけ?

今回のエピソードでは、可愛いモン=エル(クリス・ウッド)が故郷のダクサム星に帰りたがらないのはカーラ/スーパーガール(メリッサ・ブノワ)に毒されたからだと考えたモン=エルの母が、自らクリプトナイトの短剣をふるってカーラの命を狙います。その上、直接攻撃以外の策も弄して、ひたすらカーラを亡き者にせんと暗躍。クリプトナイトやらモン=エルへの気持ちやらで力を削がれたカーラの動きは精彩に欠け、以前のリアクトロン戦やアストラ戦で見られたような迫力やはどこにもありません。見ていてだんだん虚しくなってきましたよあたしゃ。女性のスーパーヒーローが戦うドラマを見ていたはずなのに、なぜこんな2DKの台所の隅で文化包丁片手にもみ合う嫁と姑みたいなものを見せられなければならないんでしょうか。

しかもこのふたりの争いの焦点が、もはや一部で「ピザの上のパイナップル」とまで呼ばれつつあるぐらいコントロヴァーシャルな自己中キャラのモン=エルですからね。こんな男に拘泥し続けているだけでカーラの格が下がるというもの、熨斗つけてさっさとエクスプレス便で送り返しちゃえばいいのに、ダクサムに。

思えばモン=エルのプロットの最大の問題点は、バレンタインデーのエピソード(S2E13)での女性のモノ扱いに関する発言以降、彼の名誉は下がる一方なのに、にもかかわらずヒロインのラブ・インタレストの座にまつりあげられ続けていることだと思います。実際のところ、彼は単なるモノ扱いよりさらに非道なことをして、それを隠していたと後に(S2E16)判明するわけですが、それに対するつぐないは特になく、「(嘘で過去を糊塗して)ただのモン=エルとして生きていたかった」と泣き言を言ったり、「罪悪感を持っている」と口で言ったりしているだけ。これじゃどう見ても甘やかされ切ったフラット・ボーイそのもので、そんな男にカーラがのぼせ上っている(しかもあんな鬼母から守ってやりさえして)という構図は、ロマンスというより不穏な依存関係にしか見えません。なんでこんなことになっちゃったんでしょう。今からじゃもう手遅れかもしれないけど、もう少しいい男に描いてやってよ、モン=エルを。

白状すると最近、以前はあれだけ心躍った『スーパーガール』のオープニングのナレーション冒頭部を聴くだけで「ああ、またあのぐだぐだなモン=エルのストーリーを見なきゃいけないのか」と憂鬱な気持ちになるんですよ、あたし。一時は「フェミニストのスーパーヒーロー」だともてはやされたスーパーガールも、だいぶ方向性が変わってしまったものだと思います。結局この物語におけるフェミニストのスーパーヒーローとはカーラではなく、(シーズン2で消えた)キャット・グラント(キャリスタ・フロックハート)だったのだなあ。あの毒舌と名言が懐かしいわ、帰ってきてよキャット。

サンバースネタは小粒なれど堅調

アレックス(カイラー・リー)とマギー(フロリアナ・リマ)のレズビアンカップル、通称サンバースのサブストーリーは今回もそこそこ堅調。おおまかな流れは、ふたりで仲良くヨガ教室に通うという大変レズビアンっぽい出だしから、マギーの元カノをめぐるトラブルを経て、最終的にふたりの愛と結束がさらに強くなるというものです。元彼女の登場ということで、嫉妬や三角関係が絡んだ安っぽい展開に陥るのではないかと一瞬警戒したのですが、あまりにも違う方向できれいに話が収束していって、むしろ拍子抜けするぐらいでした。ふたりの間のケミストリーも相変わらずいい感じ。

ただねえ、このふたりがラブラブ状態でめでたしめでたしとなった後、「さあここまでは前菜、ここからがメインディッシュです!」的にカーラとモン=エルのいちゃいちゃシーンがトリに出てくるのがどうにも解せないんですよねえ。この番組のロマンスのメインは、むしろサンバースでしょ。

まとめ

先日の2017年GLAAD賞授賞式のレッドカーペットで、メディアでのLGBTQのポジティブな表現がなぜ大切なのかについて、カイラー・リーが熱く語っていましてね。

ここでのカイラーの、「健康的なレズビアンの恋愛関係はメディアではなかなか見られない」「まるでレズビアンは豊かなすばらしい関係を作れないと言われているかのようだ」という指摘は、まったく正しいと思います。が、ここ数回の『スーパーガール』を見るに、この番組ってレズビアンの豊かですばらしい関係こそ描けていても、なぜかヘテロのそれは描けていない(または、そもそも描く気がない?)ような気がします。あまりの落差に見ていてお尻の座りが悪くなるので、できればカーラとモン=エルのロマンスにももう少し説得力や繊細さを加えてやってくれないものかと思うんですけど、無理なのかしら?

おまけ

上記レッドカーペットでのサンバースの、ファンへのあいさつ(と、投げキス)はこちら。

SUPERGIRL/スーパーガール 〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス(3枚組) [Blu-ray]

SUPERGIRL/スーパーガール 〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス(3枚組) [Blu-ray]

ドラマ『スーパーガール』関連記事