石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

コロンビア共和国が元受刑者レズビアンに歴史的謝罪 

Prison Bars Jail Cell
Prison Bars Jail Cell / JobsForFelonsHub

南米のコロンビア共和国が、同国の刑務所で十年間服役していたレズビアンが性的指向を理由に職員から虐待されたり、パートナーとの面会を認められなかったりしていたことについて正式に謝罪しました。

詳細は以下。

The LGBT activist who took on the entire Colombian prison system

この女性マリア・アルバレス(Marta Álvarez)さんは現在58歳。彼女は服役して2年が過ぎた1996年、パートナーが女性だからという理由で「不道徳である」として刑務所での面会を拒否されたり、虐待されたりしたことについて、米州人権裁判所(Inter-American Commission on Human Rights)に訴え出ていました。2014年、同裁判所は国がアルバレスさんにガールフレンドとの面会を認めなかったのは人権侵害であるという判断をくだし、ついに今年(2017年)、コロンビア政府が彼女に公式に謝罪したのだそうです。

下記の動画で、アルバレスさんが出所以来13年ぶりにボゴタのブエン・パストル(Buen Pastor)刑務所に赴き、正式な謝罪を受けるまでを見ることができます。(2017年12月13日追記:動画へのリンクが抜けていたので、直しました

動画内でのアルバレスさんの回想によると、服役当時、検察庁はガールフレンドの面会を認めていたのに、刑務所長が「恥ずべき事だ」「不道徳だ」「危険でさえある」「セキュリティ上の問題がある」などと言い立てて却下してしまったのだそうです。それだけにとどまらず、アルバレスさんが違反行為をしたとでっちあげて独房に閉じ込めたりもしたとのこと。

「レズビアンだというだけで刑が二倍になるのは不当だ」とアルバレスさんは述べています。自分が犯したとされる犯罪に対する罰を受けるだけでなく、レズビアンであることまで罪だとされて罰を与えられるのは不公平だと。ちなみにHuckによると、彼女のいた刑務所ではレズビアン行為に対する罰として受刑者をネズミが出る独房に3か月も入れたり、殴ったり、劣悪な環境のバスで移送したりするということがおこなわれていたのだそうです。アルバレスさんの最悪の記憶は、ある看守に壁に押し付けられて服を破かれ、他の看守にまで身体を見られて、さらに殴られたこと。

刑務所に向かうバスの中で、「(緊張して)もう汗をかいてきた」と笑うアルバレスさんは、それでも関係者たちのことを赦すつもりだと話しています。憎みも恨みもしたけれど、彼らにアルバレスさんに赦しを請うだけの立派さ(la grandeza)があるのなら、心から赦しましょうと。

バスが刑務所に着くとそこにはレインボーフラッグが飾られていて、50人ほどのレズビアンの受刑者グループがアルバレスさんを出迎えます。そしてついに、コロンビアのエンリケ・ヒル・ボテロ(Enrique Gil Botero)司法大臣が国を代表して正式な謝罪のスピーチをします。

動画の最後で、「自分にとってもっとも大切なのは刑務所内の環境を変えることだった」「政府が謝罪したということが先例になる。政府職員によって実行された、あれらの恣意的で不公正なおこないについて、政府が責任を取るということが大事」と語るアルバレスさんは、Huckに対し、この訴えを起こした頃のことを以下のように説明しているとのこと。

「弁護士はわたしに、ほんとうにこれをやるつもりなのかと訊きました。ひどいことになりそうだったからです。わたしは、もちろんといいました。誰かがやらなきゃいけないんだ、そして、わたしがその役目をやるんだと」

“The lawyer asked me if I was sure I wanted to do this because it was going to be ugly,” she recalls. “I said sure, somebody has got to do it – and that’s going to be me.”

リアル『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』みたいな話だなあ。ついに公式謝罪が決まり、刑務所に向かうバスの中で「これで自由になれる、力を得て、胸を張って歩ける」と語っていたアルバレスさんですが、きっと彼女を出迎えたレズビアンの受刑者たちも同じ思いなのでは。

米ホワイトハウス、恒例のクリスマスパーティーからLGBTと黒人の報道陣を排除

f:id:miyakichi:20171212170727j:plain

ホワイトハウスが開く恒例のクリスマスパーティーに、今年(2017年)はLGBTの記者と黒人の記者が招かれていないんだそうです。LGBT記者が招待されないのは父ブッシュ政権以来のことで、黒人記者が招かれないのはこの20年間で初めてとのこと。

詳細は以下。

Black And LGBT Reporters Left Off White House Holiday Party Invite List | NewNowNext

歴史あるLGBTQ紙Washington Bladeのホワイトハウス番記者、クリス・ジョンソン(Chris Johnson)氏の名前が今年の招待リストになかったというのは少し前のニュースで読んだのですが、黒人記者まで締め出されていたとは。ちなみにジョンソン氏はホワイトハウスにメールで問い合わせ、何人ものスポークスパーソンにたらいまわしにされたあげく、誰からも回答をもらえなかったとのことです。またアメリカン・アーバン・ラジオ・ネットワークスのホワイトハウス特派員で黒人のエイプリル・D・ライアン(April D Ryan)氏は、この20年間で初めて同パーティーに招かれなかったことについて、「わたしのことが嫌いなんでしょう。何らかの理由で、わたしを見下しているんです。(“I think they don’t like me. For whatever reason, they have disdain for me.”)」と話しているそうです。

シャーロッツビルのネオナチや白人至上主義者を擁護し、世界エイズデーにLGBTコミュニティのことをガン無視する人が大統領やってるんだから、こうなるのも当然だよね。ただ、本当に困るのは誰が招かれるかとか招かれないとかいうことじゃなく、国のトップが堂々とこういう排除をすると「これぐらいはやってもいいんだ」と勘違いする有象無象が増えるということ。この分だと来年もまたヘイトクライムが増えるんじゃないの。

スイスのサッカー審判員がゲイとしてカミングアウト

f:id:miyakichi:20171212150121j:plain

スイスのスーパーリーグで73試合、チャレンジリーグで80試合を担当してきたベテランのサッカー審判員パスカル・エラフナー(Pascal Erlachner)氏が、同性愛者であることを公表しました。同国のプロサッカー界でゲイとしてカミングアウトしたのは氏が初だとのこと。

詳細は以下。

Top Swiss football referee comes out as gay

エラフナー氏によれば、彼が今カミングアウトできると思ったのは、現在幸せなリレーションシップの中で快適な状態にあるからだとのこと。「ええ、わたしはゲイですが、それが何か?("Ja, ich bin schwul – na und?")」と堂々と言える、と彼は話しています。彼はまた、自分のカミングアウトで勇気づけられる選手や審判がひとりでもいれば、カミングアウトした甲斐があると言っているとのこと。

男子サッカー界は女子に比べるとゲイ/バイセクシュアル選手の可視化が遅くて、プロ選手でカミングアウトした人は先日結婚したロビー・ロジャースが最初だと言われています。では審判はどうかというと、2009年にカミングアウトしたトルコのHalil İbrahim Dinçdağ氏はゲイだからという理由でライセンスを取り消されて訴訟となり、2015年にようやくトルコサッカー連盟が2万3千トルコリラ(約68万円)の損害賠償を同氏に支払うよう命じられたところ。ドイツ、スウェーデン、ニュージーランド、ノルウェー、オーストラリア、カナダ、米国、英国など世界各国にオープンリー・レズビアンまたはバイセクシュアルの選手がいて監督にもレズビアンがいる女子サッカー界と比べると、まだまだ閉鎖的なんです。エラフナー氏のカミングアウトが、この状況に風穴を開ける助けになるといいと思います。

アンチ同性婚派だったはずの英政治家、豪法案可決で急遽手のひら返し

Minister of State Andrea Leadsom arrives at DECC
Minister of State Andrea Leadsom arrives at DECC / DECCgovuk

同性婚は「クリスチャンを傷つける」として反対してきた英保守党の下院議員アンドレア・レッドサム(Andrea Leadsom)氏が、豪州の同性婚法案可決で手のひら返しをし、「今日はお祝いの日」とかなんとか調子のいいことを言っています。

詳細は以下。

Andrea Leadsom praises equal marriage in Australia, a year after insisting ‘marriage is a man and a woman’ · PinkNews

まずレッドサム氏が、オーストラリア連邦議会が同性婚を認める法案を可決したことについて出したコメントはこちら。

「今日はお祝いの日です。

「下院の同僚たちは皆、私と共にオーストラリアの国会議員たちに祝意を表してくれるものと確信しております。オーストラリアの議員たちは、本日同性婚を法制化したのです。

「オーストラリアは結婚とはすべての愛を祝うことだと認識した25番目の国となります。同国の議会がこのような幸せでおめでたい場面を迎えるのを見るのはすばらしいことでした」

“Today is a day of celebration.

“I am sure colleagues across the House will join me in congratulating our fellow parliamentarians down under, who have today legalised gay marriage.

“Australia becomes the 25th country to recognise that marriage is a celebration of all love. It has been wonderful to see such happy and celebratory scenes in its Parliament.”

これだけならただの穏当な祝賀コメントにも見えます。しかし、レッドサム氏は2013年、英国議会での同性婚法の採決で棄権し、その理由について昨年(2016)「同性婚法は好きではない」「結婚は男と女だけのもの」と語っていた人です。彼女の意見では、異性愛者には結婚とシビルパートナーシップの両方を認め、ゲイにはシビルパートナーシップだけを与えるべきだということになっていたはず。さらにいうとこの人、養子縁組に関しても親候補は「結婚している男女の方が望ましい」からゲイカップルより異性カップルを優先させるべきだと主張したりもしてたんですよ。なのにこんな時だけ「すべての愛を祝う」だのなんだのと言って都合よく勝馬に乗ろうとするとは、面の皮が厚いにもほどがあるわ。こないだのオーストラリアのワニ議員がまだ可愛く見えてくるレベルだわ。

だからと言ってすべての同性婚反対派がキム・デイヴィス(Kim Davis)みたいにいつまでも反対し続けるべきだとも思いませんが、あたしがうんざりするのは、人権や平等というセンシティヴな話題で、反対派が多そうなとき(または、反対しておいた方が得だと思えるとき)には反対しておいて、賛成派がメインストリームになったと見るや何事もなかったかのように賛成派に乗り換えるという無定見です。政治家に限らず、少なくないよね、こういう人。かつて同性婚に反対していた米国のロブ・ポートマン(Rob Portman)上院議員が「息子がゲイだったから」という理由で賛成派に鞍替えしたときには「身内以外のゲイはどうでもいいのかよ」と思ったものですが、考えてみればあれは2013年(つまり、連邦最高裁が同性婚を認める前)のことでしたから、時局に便乗したものではなかっただけまだましだったのかもと思ったりしました。

ふたりのパパがいる男の子、DCドラマのゲイのスーパーヒーローに大喜び

Russell Tovey
Russell Tovey / meivocis

ふたりのパパがいる男の子が、DCドラマのクロスオーバーエピソード"Crisis on Earth-X"でゲイのスーパーヒーロー「ザ・レイ」を見て、とても素敵なリアクションを見せたそうです。

詳細は以下。

Out, Out and Away! Russell Tovey on Playing a Gay Superhero - The New York Times

このエピソードはDCコミックスのスーパーヒーローを主人公とするドラマ『スーパーガール』、『フラッシュ』、『アロー』、『レジェンド・オブ・トゥモロー』の4作品をクロスオーバーさせた特別編で、2017年11月27日から28日にかけて放送されました。「ザ・レイ」はオープンリー・ゲイの英俳優ラッセル・トーヴィー演じるゲイのスーパーヒーローで、同じくオープンリー・ゲイのウェントワース・ミラー(Wentworth Miller)が演じるキャラ、レオ・スナートと恋人同士という設定。"Crisis on Earth-X"の中では、このふたりのキスシーンが何度か描かれています。

ラッセル・トーヴィーによると、このエピソードの放送後、こんなことがあったのだそうです。

TwitterかInstagramで、ある人たちからメッセージをもらいました。彼らはゲイペアレンツです。彼らの息子さんは、この番組を見ていて、お父さんたちのところに駆け寄ってきてこう言ったんだそうです。「パパたちがするのと同じことをしてるスーパーヒーローがふたりいるよ」。そのとき、ザ・レイとレナートはキスをしていました。息子さんはとても喜んでいたそうです。

Someone tweeted me or Instagrammed me a message. They are gay parents. Their son was watching the show and ran in to them and said, “There are two superheroes who do what you do,” when they kissed each other. He was so happy about it.

なお、ゲイとしてカミングアウトしている俳優ふたりが演じるゲイのスーパーヒーローカップルを支持してくれた人はこの他にもたくさんいたとのことで、「この上なく誇りに思います」とラッセルは話しています。

レプリゼンテーションは大事よね、やっぱり。世界は異性愛者だけでできてるわけでは全然ないんだから、こういう番組がもっと増えるといいと思います。

ケイト・マッキノンの山羊演技がかわいいからみんな見て

Ferdinand

アニメ映画『Ferdinand(原題)』で山羊の「ルーペ」の声を担当しているケイト・マッキノン(Kate McKinnon)が、ジミー・ファロン(Jimmy Fallon)の番組で役作りについて語り、さらに即興で山羊ヴォイスを披露しています。

詳細は以下。

I Can't Goat Enough Of Kate McKinnon Screaming Like A Goat

動画はこちら。

上記動画内でケイトが即興で演じているシチュエーションはこんなです。

  1. クリスマスの飾りを踏んでしまう
  2. きついパンツに体をおしこみボタンをはめる
  3. 階段を、踊り場をはさんで2区間転げ落ちる
  4. 山羊として叫ぶ

こっちの動画も面白かったので、併せてどうぞ。山羊と自分の共通点について「ゴミを食べるところ」と言い出してからの理論展開が面白すぎる。

映画『Ferdinand』のオフィシャルトレイラーはこちらです。本国では2017年のクリスマス映画なんだけど、日本ではいつ見られるんでしょうか。

ケヴィン・スペイシー、今度は王室の一員の局部をまさぐったと非難される

Kevin Spacey
Kevin Spacey / p_a_h

ノルウェー人作家で、ノルウェー王女マッタ・ルイーセ(Märtha Louise)と2016年まで結婚していたアリ・ベーン(Ari Behn)が、2007年にオスロで開かれたノーベル平和賞コンサートでケヴィン・スペイシー(Kevin Spacey)に体を触られたと発言しました。

詳細は以下。

Kevin Spacey accused of groping a member of Norwegian royal family | The Independent

アリ・ベーンがノルウェーのラジオ局「P4」に語ったところによると、そのときケヴィン・スペイシーはベーンの隣の席にいて、しばらく会話した後「外に言ってたばこを吸おう」と言い出し、テーブルの下に手を入れてベーンの睾丸を握ってきたのだそうです。ベーンは礼儀正しくそれを止め、「あー、今はちょっと」と言ってその場を切り抜けたとのこと。彼はそのときのことをこんな風に振り返っています。

「わたしは寛大な人間ですが、これはちょっと予想を超えていました。当時わたしの髪の色は黒く、今より10年若かったので、ちょうど彼の好みだったんです」

“I am a generous person but this was a bit more than I had in mind. My hair was dark at the time, I was ten years younger and right up his alley.”

アンソニー・ラップ(Anthony Rapp)からの告発を皮切りに オールド・ヴィック劇場関係者(20人)『ハウス・オブ・カード』のクルー(8人)、その他多くの人々から性的加害を受けたとの申立てをさんざん受けているケヴィン・スペイシーですが、まさか王様の義理の息子(当時)からまで被害報告が来るとは。

「スターになれば女のプッシーをつかんでいい」と言った男が大国の大統領に選ばれたときには多くの人が驚愕したものですが、ケヴィン・スペイシーやハーヴェイ・ワインスタイン(Harvey Weinstein)や、その他続々と#Metooで告発され続けているセクハラ加害者たちを見るに、「エライ人なら他人のからだを好きにしていい」と思っている人は、そう思っていない人が想像するよりはるかにたくさんいたんでしょうね。考えてみれば、生まれたときに潮だまりのイソギンチャクみたいな突起物が股間についていたというだけで自分は「(突起がついていない人より)エライ人」だと思い込んでしまう人も少なからずいるわけだから、そりゃあこの世は性的プレデターだらけになるわ。映画『ゼイリブ』みたいにこういうプレデターが一発で見抜けるサングラスでもあればいいのに。