石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

Netflix以外からウォシャウスキー姉妹に『Sense8』シーズン3制作の申し入れ

Sense8: Season 1 (A Netflix Original Series Soundtrack)

先日打ち切りが決定した後、ファンからの要望で2時間の完結編が作られることになったNetflixオリジナルドラマ『Sense8』。「うちで続きを作らせてほしい」という申し出を、意外な企業が公開書簡のかたちで発表しました。

詳細は以下。

An unlikely source has offered to produce a new season of Sense8 · PinkNews

今回名乗りを上げたのは、「xHamster」というポルノサイト。役員のアレックス・ホーキンス(Alex Hawkins)氏が同社のブログで、『Sense8』クリエイターのウォシャウスキー姉妹に宛てた以下のような公開書簡を発表しています。

これが異例のことだとはわかっていますが、私どもは『Sense8』を復活させたいのです――xHamsterで。ここで当社が申し上げているのは、パロディーやそれ以下のもののことではありません。シリーズの事実上の復活のことです。

打ち切りのことを目にして以来、何か当社にできることはあるのだろうかと考え続けておりました。Netflixが完結編を作ることは嬉しく思っていますが、あなたがたが物語を完結させてしまう前に、もうひとつの選択肢をご考慮いただけたらと思いました――つまり、xHamsterにこのシリーズを制作させるという選択肢をです。

“We know it’s unconventional, but we want to bring it back — on xHamster. We’re not talking about a parody, or something less than, but an actual revival of the series.

“Ever since we read about the cancellation, we’ve been wondering if there was something we could do. While we’re happy that Netflix is picking up the series for a conclusion, before you wrap up the story, we wanted you to consider another option — letting xHamster produce the series.”

同氏によればxHamsterは「性に関する言論と、規範的でないセクシュアリティの権利に関して長らく戦い続けて」おり、抑圧的なアンチLGBTQ法に反対を唱えるよう視聴者に働きかけてもいるとのこと。自分たちが「ありそうもない」プラットフォームであることは理解しているが、5年前にはNetflixがオリジナルドラマを作るというアイディアさえ笑われていたのだから一考してほしいと氏は訴えています。ちなみにPinkNewsによれば、ウォシャウスキー姉妹からの返事はまだないそうです。

いちファンとして漠然と「どこかNetflix以外からのオファーはないのかしら」と思ってはいましたが、アダルトサイトからとは予想外だったわ……! ちなみにシーズン2以降の脚本と監督をひとりで担当しているラナ・ウォシャウスキーは最近Facebookライブで、Netflixの意向がどうあれシーズン3全体の脚本を書き続けていると発言しているのだそうで、ひょっとしたら今後、「わが社で作ってほしい」というオファーはこれ以外にも出てくるのかも。

ちなみにxHamsterというのは"tranny"や"shemale"などトランスジェンダーの人々を指す侮辱的な呼称(参考:What Are Appropriate Labels & Terms For Transgender People?)を冠したエロ動画を山ほど配信しているサイトなので、いくら公開書簡に立派なことが書いてあっても、結局この申し出は実現しないんじゃないかという気はします。少なくとも自分は、トランスジェンダーの人々を当事者の嫌がる名前で呼んで金儲けをしているサイトで『sense8』を見るのは嫌だわ。ウォシャウスキー姉妹からの返事が気になるところです。