石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

ドラマ

Netflix、『Sense8』完結編のスニークピークを公開

Netflixが、2018年配信予定の『Sense8』スペシャル完結編の撮影風景やキャストの談話などを織り交ぜたスニークピークを公開しています。詳細は以下。Netflix Takes You Behind The Scenes Of The "Sense8" Finale Special | NewNowNext動画はこちら。第3シー…

ふたりのパパがいる男の子、DCドラマのゲイのスーパーヒーローに大喜び

Russell Tovey / meivocisふたりのパパがいる男の子が、DCドラマのクロスオーバーエピソード"Crisis on Earth-X"でゲイのスーパーヒーロー「ザ・レイ」を見て、とても素敵なリアクションを見せたそうです。詳細は以下。Out, Out and Away! Russell Tovey on …

満を持してレイン登場―ドラマ『スーパーガール』3x09感想

レイン(別名ワールドキラー)が覚醒し、地球の「浄化」を開始する回。レインの強さやコスチュームがかっこよく、スーパーガールは食われ気味です。モン=エルは相変わらずクソだけど、相変わらずヘテロロマンス描写がずさんなところがいただけない感じ。

クロスオーバーもアレックス主体―ドラマ『スーパーガール』3x08(と、"Crisis on Earth-X"全体の)感想(ネタバレ)

4種のDC原作ドラマ合同エピソード"Crisis on Earth-X"の出だし部分となる回。アレックス主体で大変面白かったです。ただ、"Crisis of Earth-X"全体はやや煩雑で、オチもちょっと古いと思いました。

『フラッシュ』『スーパーガール』等のクリエイターがセクハラで解雇に

「『フラッシュ』『スーパーガール』のクリエイター、アンドリュー・クライスバーグがセクハラ容疑で停職」の続報。ワーナーはセクハラ申し立ての調査をしたのち、クライスバーグを解雇したそうです。

ジェフリー・タンバー降板後モーラ役をやれそうなトランス女優は誰だ

ジェフリー・タンバー(Jeffrey Tambor)がセクハラ疑惑でドラマ『トランスペアレント』を降板したことを受け、タンバーの演じていたトランス女性の役を本物のトランスジェンダーの女優が引き継ぐなら誰がいいかをAdvocateが論じています。

最高のフィナーレ。ありがとうありがとう―ドラマ『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』シーズン5感想(ややネタバレ)

違法な実験で生み出されたクローン姉妹たちが互いを見出し、共に戦い、自由をつかみ取るSFドラマの最終シーズン。広げた風呂敷が魔法のように畳まれ、物語は驚きの大団円へと着地していきます。レズビアンキャラの活躍もよかったし、言うことなし。

白パン問題に新たな進展?―ドラマ『スーパーガール』3x07感想(ネタバレ)

しばらく姿を消していたモン=エル(クリス・ウッド)が地球に戻ってくる回。公式がこの男を無理やり「理想の恋人」枠で売り込もうとするのをやめ、「クソ男はやっぱりクソ男」路線を採用しているっぽいところに好感が持てます。

今週の未紹介LGBTニュース(2017年11月26日)

CWクロスオーバー回でラッセル・トーヴィーがゲイのスーパーヒーローに ディズニーアニメに初の「男のプリンセス」誕生 関連記事 ゲイ映画『コール・ミー・バイ・ユア・ネーム』がインディペンデント・スピリット賞6部門ノミネート Facebookユーザのセクシュ…

ダンバース姉妹ストーリーの最高峰―ドラマ『スーパーガール』3x06感想

カーラ/スーパーガールが傷心の義姉アレックスを実家で休ませるところから始まる、姉妹の高校時代の回想エピソード。本編から離れた箸休め的な回かと思いきや、フルスイングの力作でした。本作品は徹底して女性と女性の連帯を描こうとしているのだと改めて…

ジェフリー・タンバーがドラマ『トランスペアレント』降板

元アシスタントと共演者からセクハラ被害を訴えられていた米俳優ジェフリー・タンバー(Jeffrey Tambor)が、Amazonのドラマ『トランスペアレント』から降板すると表明しました。詳細は以下。Jeffrey Tambor Exits ‘Transparent’ After Sexual Harassment Al…

Her First Night Without Her―ドラマ『スーパーガール』3x05感想(ネタバレ)

ついに来た、サンバース(アレックスとマギーのレズビアンカップル)の破局回。リアルで説得力もあり、細かいところまでとてもよく作りこまれていたと思います。

新旧レズビアン価値観問題―ドラマ『スーパーガール』3x04感想(ネタバレ)

スーパ―ガールを崇めるカルト宗教が問題を起こす回。それはさておき、アレックスとマギーはいよいよ破局に向かってまっしぐら。アレックスはヘテロ的な価値観と親和性が高い人ですが、一周回ってそれが新しいとも言え、マギーとの差異が興味深かったです。

ディズニーチャンネルでネットワーク初のカミングアウトシーン

先日お知らせしたディズニーチャンネルのコメディ『Andi Mack』が、2017年10月27日、同局史上初めてゲイ少年のカミングアウトのシーンを放送しました。

だんだん不吉な不調和が―ドラマ『スーパーガール』3x03感想(微妙にネタバレ)

マギーとジョンの父親が登場し、それぞれの親子関係が描かれる回。マギー父のホモフォビアにもう一歩深く踏み込むプロットがリアルでよかった一方、台詞にはややつじつまが合わない部分も。サンバースは粛々と終わりに近づきつつあり、悲しさもひとしお。

見どころはサンバースとダンバース姉妹―ドラマ『スーパーガール』3x02感想

テレパシーで他者の恐怖を操る強敵「サイ(Psi)」(ヤエル・グロブグラス)を相手にカーラ/スーパーガール(メリッサ・ブノワ)が苦戦する回。サンバースおよびダンバース姉妹の見どころ多めで楽しいんですが、この幸せが長くは続かなさそうな予感も。

今週の未紹介LGBTニュース(2017年10月15日)

『ウィル&グレイス』S4E4にジェーン・リンチ登場 役柄はなんと…… 豪路面電車でレズビアンの手つなぎイベント開催 ゲイ少年が主役のロマコメ映画『Love, Simon(原題)』からカミングアウトデーのメッセージ 今年もシスヘテロがカミングアウトデーの横取りを…

おおむね堅調、サンバースも好調―ドラマ『スーパーガール』3x01感想

スーパーマンのいとこ、スーパーガール/カーラが主人公のアクションドラマ、第3シーズン。S2最終話での喪失から立ち直れないカーラの傷心を軸に、新たなヴィランの紹介などが進められています。いくつか不安要素はあるものの、おおむね堅調な回でした。

これからスクリーンに登場するクィアなスーパーヒーロー9人(NewNowNext調べ)

NewNowNextによる、コミックを原作とする近日公開のTVシリーズや映画で、クィアな(少なくともコミックではそう描かれている)スーパーヒーローが出てくるものをまとめた記事が面白いです。

ドラマ『グレイズ・アナトミー』に愛すべきレズビアンセックスシーンが戻ってきたよ(シーズン14ネタバレ)

2017年9月28日、ドラマ『グレイズ・アナトミー』シーズン14の放送が米国でスタート。第1話から早くもレズビアンキャラ・アリゾナ(ジェシカ・キャプショー)に新たな恋の相手が現れ、ホットでキュートな場面の数々が話題になっています。

ドラマ『スーパーガール』シーズン3トレイラー

米国で2017年10月9日からドラマ『スーパーガール』シーズン3の放送が始まります。複数あるトレイラーのうち、マギー(フロリアナ・リマ)とアレックス(カイラー・リー)のレズビアンカップルの登場頻度が比較的高いものを、以下に貼っておきます。

Huluオリジナルドラマ『The Handmaid's Tale(原題)』が第69回エミー賞で8冠

複数のレズビアンキャラがいるディストピアSFドラマ『The Handmaid's Tale(原題)』が、第69回(2017年)エミー賞でドラマ部門作品賞など8部門を制覇しました。日本での配信は2018年だとのこと。遅いね。

『ブラック・ミラー』S3E4「サン・ジュニペロ」が第69回エミー賞で2冠(追記あり)

Netflixオリジナルドラマ『ブラック・ミラー』S3E4「サン・ジュニペロ」が、第69回エミー賞リミテッドシリーズ/テレビ映画部門作品賞(テレビ映画)を受賞しました。女性同士のラブストーリーの回ですよ!

リナ・ウェイスが第69回エミー賞コメディ作品部門脚本賞受賞 スピーチで「LGBQTIAファミリー」にメッセージ(追記あり)

Netflixドラマ『マスター・オブ・ゼロ』S2E8「サンクスギビング」で、リナ・ウェイス(Lena Waithe)がアジズ・アンサリ(Aziz Ansari)と第69回エミー賞コメディ作品部門脚本賞受賞を共同受賞しました。

ジェーン・リンチが4つめのエミー賞受賞

オープンリー・レズビアンの米女優ジェーン・リンチが、Amazonのドラマシリーズ『Dropping the Soap(原題)』で、第69回プライムタイム・エミー賞の短編コメディ/ドラマ部門女優賞を受賞しました。詳細は以下。SNL, Stranger Things & Westworld Win Big at…

ラヴァーン・コックスが霊能者役に。ABC新ドラマ『Spirited』

パイロット版の製作が決定された米ABCの新作ドラマ『Spirited』に、ラヴァーン・コックス(Laverne Cox)が霊能者役で出演するそうです。エグゼクティブ・プロデューサーはエリザベス・バンクス(Elizabeth Banks)。

ドラマ『スーパーガール』S2ブルーレイ/DVD(日本語版)発売開始 日本での放送は2017年10月14日(土)深夜0時から(追記あり)

女性同士の恋愛要素が大いに反響を呼んだ米ドラマ『スーパーガール』シーズン2の日本語版ブルーレイ/DVDが、2017年9月6日に発売されました。さっそく入手したので、特典映像の内容や日本での放送予定などについてちょっと書いておきます。

米ドラマ『Doubt』最終回が超好評

ラヴァーン・コックスがトランス女性の弁護士キャメロン・ワース役を演じる米ドラマ『Doubt』の最終回が、2017年8月19日に米国で放映されました。Autostraddleが、キャメロンのストーリーラインがすばらしかったと報じています

今週の未紹介LGBTニュース(2017年8月20日)

英映画『God's Own Country』新トレイラー 上半身裸のバイオリニストが『リトル・マーメイド』をゲイなフェアリーテイルに ションダ・ライムズが米ABCと袂を分かちNetflixと契約 余命宣告されたおじいちゃん、レズビアンの孫娘のプロポーズに動画で協力 「男…

Netflix以外からウォシャウスキー姉妹に『Sense8』シーズン3制作の申し入れ

先日打ち切りが決定した後、ファンからの要望で2時間の完結編が作られることになったNetflixオリジナルドラマ『Sense8』。「うちで続きを作らせてほしい」という申し出を、意外な企業が公開書簡のかたちで発表しました。