読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャー。

マギー・ソウヤー! この小悪魔ああああ!!―ドラマ『スーパーガール』2x04感想

ポスター/スチール 写真 A4 パターンT スーパーガール 光沢プリント

思った通り、主人公の姉、アレックスとマギー・ソウヤー刑事との間が大変なことになってます。どう見てもデートのお誘いにしか見えない会話が複数回あり、手は繋ぐわ指は絡めるわの急展開……なんだけど。マギー! 最後の最後にあれって、どういうことよ!?

リキャップは以下をどうぞ。(リンク先ネタバレあり)

Superqueero Roundup Recap: Canonically Queer | Autostraddle

今回はもう、あの予告編の仮面舞踏会みたいなマスクで仲良く潜入捜査をするふたりの姿が見られるだけでホクホクだと思ってたんですが、ふたりの会話と表情にはそれを超えて余りあるものがありましたね。マギー(フロリアナ・リマ)から電話を受けたアレックス(カイラー・リー)の顔が思わずほころんでしまうシーン(複数回)とか、アレックスを潜入捜査に呼び出すときのマギーの言葉のチョイスとか、お互いドレストアップした姿で見かわす目と目とか、これだけでもう「どう考えてもデートでしょうこれは!!」と叫びたくなるぐらいの濃さなんですもん。おまけにこのデート、じゃなかった潜入捜査のしょっぱなで、別に手をつながなくてもいい局面で当たり前のように手をつなぐんですよマギーが。指を絡めて、いわゆる「恋人つなぎ」で。そこで一瞬戸惑いつつも素直に応じるアレックスの姿を見ていると、もはや、身体言語で力の限り口説き口説かれるという阿吽の呼吸の完成だとしか受け取れません。

ああ、それなのに。回のラストあたり、いよいよアレックスが――丸2年も誰ともデートしてなかったあのアレックスが――勇気を振り絞ってとある台詞を言ったとたん、あまりにも予想外の展開が襲い掛かってくるんでした。ドリフで言うところの頭上から金ダライ(しかも小道具さんが木槌で底を入念に叩いていい音が鳴るように加工済みの)が垂直落下してくるぐらいの衝撃でしたよあれは。ここまで持ってきておいてこのオチって、マジですか!? ということは前回のマギーのあの言葉って、特に裏もない純粋な事実の説明だったわけ? もしそうだとしたら、今回のあのフェロモン全開の歩み寄りは何だったのよマギー。鬼かよマギー。大好きだけどさー。

とりあえずマギー・ソウヤーの身辺事情(まだ何かひねりがあってほしいんだけどなー、どうかなー)はどうあれ、このS2#4の最大のポイントは上記の手つなぎの場面だと思います。Autstraddleのリキャップではこのシーンは「アレックスが手を引かれてまっすぐクロゼットから連れ出される」ところだと評されているのですが、あたしもその解釈に同意です。ここでのアレックスの微妙な視線の動きは、自分の中に沸き起こった動揺を受け入れ、折り合いをつけるプロセスの表出だと思うんですよね。だから、今後彼女の恋の行方がどうなるにせよ、彼女はクィアなキャラとして描かれていくのでは。少なくともサブテキストでは、ですけど。もし本当にそうなってくれたなら、あとはもう、マギー・ソウヤーが殺されさえしなければそれでいいや。今年もまた米TVドラマ界ではレズビアンのキャラが殺されまくっていて、例外は"Wynonna Earp"のニコール・ホートというキャラ(銃で撃たれるも防弾ベストのおかげで無事だった)ぐらいなので、先週『スーパーガール』にマギーが登場したとたんにもうこんな声が上がっているぐらいですから。


訳:「マギー・ソウヤー刑事に警官のホートが着ているのと同じ防弾ベストを買ってあげるためのKickstarterはまだ?」

そんなKickstarterがもしあったら、もちろん率先して参加するわ!! あ、上記"Wynonna Earp"の防弾ベストの場面というのはこんなです、ちなみに。

なお、今回他によかったのは、ダクソン人モン・エルと地球人ウィンのコミカルな交流や、誇り高く善良なクリプトン人だったカーラの母を通じて差別というものの根深さや難しさを描いているところ。特に後者は、「差別とは悪い人がやることで、そいつを倒せばすべて解決」という日本的な大誤解とは180度逆のヒリヒリするような現実味があり、胸に沁みましたよ。そんなこんなで、レズビアン・ロマンス以外の部分もすごくよくできてるドラマだと思います。

SUPERGIRL/スーパーガール 〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス(3枚組) [Blu-ray]

SUPERGIRL/スーパーガール 〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス(3枚組) [Blu-ray]

ドラマ『スーパーガール』関連記事