石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

アレックスには最良が似合う―ドラマ『スーパーガール』02x14感想

Supergirl: An Adult Coloring Book (Colouring Books)

マギー以外は見るとこなし

ジェレマイア・ダンバースの再登場により、カドマスの新たな陰謀が示唆される回。モン=エルとカーラのリレーションシップの描き方に疑問が残るし、アレックスの言動も彼女らしくなく、全体的に今ひとつな感じ。マギーの登場シーンは全部よかったんだけどね。

人の話を聴けよモン=エル

モン=エル(クリス・ウッド)はこれまで何度もカーラ(メリッサ・ブノワ)の意見を無視した行動をとっては、その後つぶらな瞳を彼女に向けて「これからは君の話をちゃんと聴くよ」と殊勝に反省してみせるということを繰り返してきた男。そのあまりの学習能力のなさから、以前の感想では彼を「『マテ』が苦手なゴールデンレトリバー」になぞらえたこともありました。でもあたし、まちがってたかも。こいつはゴールデンレトリバーなんていう素敵なものではまったくなく、ただの女をなめくさったjerkだわ。

"jerk"とは直訳すれば「軽蔑に値するような嫌な奴」となる英単語ですが、ニュアンスまで含めて理解するには、Urban Dictionaryの以下の説明がわかりやすいと思います。

Jerkとは、女性を男友達に自慢するための性的征服の対象か、自分の個人的な楽しみのために存在しているモノでしかないと思っている、自己中心的で人を巧みに操る馬鹿野郎のこと。

Jerks are selfish, manipulative bastards who see women as little more then sexual conquests to brag about to their buddies or mere objects that are there for their personal pleasure.

このS2E14の序盤でのモン=エルときたら、まさしく上記の馬鹿野郎そのもの。しおらしい顔でカーラと交わした約束をわずか10秒で破り、彼女をまさに「男友達に自慢するための性的征服の対象」の座に落とし込んでるんですからね。その後あれこれあって、最後にはまた(また!)もっともらしくカーラに「どうしてほしいか言ってくれ。ぼくは聞くよ」とかなんとか言い出すのですが、その遠因がカーラの抗議ではなく、ウィン(ジェレミー・ジョーダン)からのアドバイスだというところもなんともjerk的でした。彼女の話はいつも右の耳から左の耳へと聞き流すくせに、男友達の言うことなら途端に注意を払うとはね。

今回特にひどいと思ったのは、この序盤のモン=エルの約束破りの場面が、話の中では「おもしろおかしいギャグシーン」として位置づけられていることでした。いや、それ、おもしろくないから。ただのabusiveなリレーションシップだから。製作陣が現代の小さな女の子たちに見てほしいと思っているストーリーは、本当にこれなの? これってバッドアスな女性スーパーヒーローの物語だったんじゃなかったの? だいたい話に笑いがほしければ、モン=エルを引っ込めてキャット(キャリスタ・フロックハート)を呼び戻した方がよっぽど早いだろうに、いったい何をやってるんだか。

アレックスが(そしてDEOの面々も)らしくないよ

モン=エルのストーリーライン以外の部分も脚本があちこち雑で、おなじみのキャラたちが「話の都合で動かされているだけの、頭空っぽの操り人形」にしか見えず、たいへん残念でした。あのクールな仕事の鬼のアレックスが、14年間敵の本拠地に監禁されていたのち都合よく目の前に現れたジェレマイア(ディーン・ケイン)を、「父親だから」と全面的に信用してしまうだなんて無理がありすぎ。同じく、ろくに調査もせずにいきなりジェレマイアを復職させてしまうDEOの皆さんも頭悪すぎ。ついこないだのホワイトマーシャン侵入事件で、本物そっくりの顔をした敵にさんざん手こずらされたばかりじゃなかったんですかこの人たち。

でもマギーはよかった

数少ないマギーの登場シーンはどれもよかったです。あたしのお気に入りは、マギーがアレックスの彼女として初めてジェレマイアに紹介されたときの気の利いた受け答え。アレックスはこんなに女の趣味がいいのに、どうして妹のカーラはモン=エルのようなアホにひっかかってしまったのかとしばし考え込んでしまいました。

まとめ

マギー以外に見どころがない回でした。モン=エルのダメっぷりはもはや愛嬌だけではカバーできない域に達しているし、あのアレックスがキャラに似つかわしくない間抜けな言動をとらされているところも好きになれません。前々回といい今回といい、シーズン2後半はどうも脚本の詰めが甘いエピソードが目立ちすぎるように思います。

おまけ

カイラー・リーの、エンターテインメント・ウィークリーでのインタビューがとてもよかったので、リンクを貼っておきます。マギー役がフロリアナ・リマに決まったときのくだりとか、面白いの。

SUPERGIRL/スーパーガール 〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス(3枚組) [Blu-ray]

SUPERGIRL/スーパーガール 〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス(3枚組) [Blu-ray]

SUPERGIRL/スーパーガール <セカンド・シーズン>ブルーレイ  コンプリート・ボックス(4枚組) [Blu-ray]

SUPERGIRL/スーパーガール <セカンド・シーズン>ブルーレイ コンプリート・ボックス(4枚組) [Blu-ray]

ドラマ『スーパーガール』関連記事