石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

レナ・ルーサーにしとけばいいのに―ドラマ『スーパーガール』2x18感想

Supergirl: The Complete Second Season [Blu-ray]

ヘテロ(?)って大変ねー……

レナ・ルーサー(ケイティ・マクグラス)の元彼ジャックが登場する回。脚本もケイティ・マクグラスの色気も大変良くて、なぜカーラ(メリッサ・ブノワ)がレナではなくモン=エル(クリス・ウッド)などとつきあっているのかますますわからなくなりました。レナにしとけばいいのに。ヘテロ(なのか、カーラは?)って大変ね。

そうは言っても今回のモン=エルにはあのウザいフラット・ボーイ臭がなく、コメディリリーフとしていい味出してはいるのですが、これまでさんざん描かれてきた自己中心的なボンボン路線の負債を埋め合わせるにはまだ足りない感じ。一応前回(S2E17)のエピソードには「人は変われる」というテーマがあり、変われた例がモン=エルだということにされてはいたのですが、彼の場合は変化したというよりシナリオの都合で行き当たりばったりに人格のスイッチが切り替わっていると言った方が正確だと思います。説得力がないのよ、変化に。

そこへいくとレナ・ルーサーの人物描写はもっと気が利いているように思います。

  • 排外主義の冷酷女にしか見えないエイリアン探知機のエピソード(S2E3)
  • 母リリアンを裏切って異星人を救う姿(S2E8)
  • ルーサー家の決して暖かくはなかった生育環境と、その中で唯一味方になってくれた兄への愛(S2E12)

……などをひとつひとつ積み上げて彼女の人間性を多面的にとらえ、その上で今回、彼女の「善人でありたい」という根源的な苦悩にスポットライトを当てていくという丁寧さがとてもいいと思いました。このS2E18でレナはある大きな決断をすることになるのですが、そこでの思い切りの良さもまたすばらしかった。以前レナから花をもらったカーラが、今度はレナに花を贈るという展開も心憎いです。これでお互い花も贈り合ったことになるし、もう恋人同然じゃん。レナにしときなよカーラ。

……でも台詞の上ではひたすら「友達」と強調されているところを見ると、たぶん百合展開はないんだろうなー。あの花も友情の象徴だということになっているのでしょう、少なくともオフィシャルには。

ちなみに今回はアレックス(カイラー・リー)の出番が極端に少なく、サンバース(アレックスとマギーのレズビアンカップル)のロマンスはまったく描かれていません。全体としてはテンポのいいよくまとまった話で、格好いい決め台詞も多かったです(特にレナに)。

SUPERGIRL/スーパーガール 〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス(3枚組) [Blu-ray]

SUPERGIRL/スーパーガール 〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス(3枚組) [Blu-ray]

SUPERGIRL/スーパーガール <セカンド・シーズン>ブルーレイ  コンプリート・ボックス(4枚組) [Blu-ray]

SUPERGIRL/スーパーガール <セカンド・シーズン>ブルーレイ コンプリート・ボックス(4枚組) [Blu-ray]

ドラマ『スーパーガール』関連記事