石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的メモ。

ゲイ

父が息子を殴打 原因は「男と踊っている動画を見たから」 ブラジル(?)

ある父親が、未成年の息子が男性とダンスをしているところを撮った動画を見て激高し、この息子を鞭で殴打したと報じられています。この少年はブラジル系だとのこと。

ビリー・ポーター、新『シンデレラ』映画で妖精の教母様役か

ソニー・・ピクチャーズが製作する映画『シンデレラ』で、ビリー・ポーター(Billy Porter)が妖精の教母様を演じる可能性があると報じられています。詳細は以下。www.pride.comこの映画は俳優でコメディアンのジェイムズ・コーデン(James Corden)の企画の…

大学マーチングバンド、ハーフタイムショーで反LGBTQなライバル校批判 米テキサス州

米国の大学フットボールのハーフタイムショーで、ライス大のマーチングバンドが、プライド・フラッグを使ったパフォーマンスを披露しました。曲はYMCA。対戦相手のベイラー大のアンチLGBTQな方針に反対するため、この演目を採用したのだそうです。

アウティングで高校生自死 米テネシー州

2019年9月23日、米テネシー州マンチェスターの16歳の男子高校生、チャニング・スミス(Channing Smith)さんが自宅で遺体となって発見されました。クラスメイトにネットでアウティングされたことを苦に自死を図ったとみられています。

『クィア・アイ』のジョナサンがHIV陽性を公表

Netflixの『クィア・アイ』出演者のジョナサン・ヴァン・ネス(Jonathan Van Ness)が、ニューヨーク・タイムズのインタビューで、自分がHIV陽性であることをカミングアウトしました。

手をつないで埋葬された「モデナの恋人たち」が男同士だったと判明→とたんに恋人じゃないと決めつけられる

イタリア北部で4~6世紀ごろに手をつないだ状態で埋葬されたとみられる2組の遺体、通称「モデナの恋人たち」が、実は男性同士だったということが判明。研究者らはとたんに2人の関係は謎だの、兄弟やいとこ同士だったかもだのと言い出し、ネットユーザーらに…

虹色のラゲージタグに「男色者」と落書き デルタ航空調査せず

あるヘテロ女性が、デルタ航空のボストン発アトランタ行の便で、荷物につけていたレインボーカラーのラゲージタグに「男色家(sodomite)」と落書きされたと訴えています。

ボスニア・ヘルツェゴビナで初のLGBTIプライド

2019年9月8日、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボで同国初のLGBTIプライドが開催されました。懸念されていたようなネオナチグループによる事件などは起こらず、約2000人の参加者がつつがなく行進することができたそうです。

ウルグアイでウルグアイに住んでない外国人同士の同性婚を認める法案提出

ウルグアイ政府が、ウルグアイに住んでいない外国人同士でも同国で同性婚できるとする法案を提出する見通しだそうです。この国で同性同士の結婚が認められたのは2013年のことですが、この法律ができればLGBTコミュニティの権利がさらに拡大されることになり…

リオデジャネイロ市、ゲイ・キスのあるマーベルコミックをブックフェアから排除 ブラジル

ブラジル・リオデジャネイロのマルセロ・クリベラ市長が、男性同士のキスシーンがあるという理由で、米マーベルのコミック Avengers: The Children’s Crusadeの翻訳版を同国最大のブックフェアから排除すると発表しました。

『El Príncipe(原題)』がヴェネツィア国際映画祭でクィア獅子賞に チリ映画で初

2019年8月28日から9月7日にかけて開催された第76回ヴェネツィア国際映画祭で、チリ映画『El Príncipe(原題)』がクィア獅子賞を受賞。LGBTテーマやクィア・カルチャーを扱った映画の最高賞であるこの賞をチリの作品が取ったのは初めてだそうです。

映画『IT』続編にゲイへの「どぎつい」ヘイトクライム場面登場

日本でも2019年11月1日から公開される予定のホラー映画、『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』に、ゲイに対する「どぎつい」ヘイトクライムの場面が登場するらしいです。

「名誉殺人」でゲイの弟刺す 兄2人を起訴 イスラエル・テルアビブ

イスラエルで、ゲイだからという理由で16歳の弟を殺害しようとした兄弟2人が起訴されました。

アニメ『ドラゴンボールZ』英語版吹き替え声優、収録中にホモフォビック発言か

人気アニメ『ドラゴンボールZ』の英語版吹き替え収録時のものとされる音声クリップが流出。その中で声優らが侮蔑語やホモフォビックな言葉を使ったり、性的に不適切な台詞を捏造したりしているとして批判を受けています。

小学校でゲイいじめ 被害児童は不登校に チリ

チリの小学校で6年生の男の子がホモフォビックないじめに遭い、不登校に追い込まれました。男の子は受けた被害の内容をノートにまとめ、「お願いです、何とかしてください」と書き添えていますが、学校は何の対処もしてくれなかったとのこと。

『ザ・シンプソンズ』S30にゲイなエピソード登場

米国のTVアニメ『ザ・シンプソンズ』のシーズン30に、一家のおじいちゃんエイブ・シンプソンの過去のゲイ・エピソードが登場しました。いや、エイブはストレートのままなんだけど、過去にいろいろあったって話。

タイタス・バージェスが新料理番組『Dishmantled』司会に

ドラマ『アンブレイカブル・キミー・シュミット』で人気の米俳優タイタス・バージェスが、新たな料理コンペティション番組『Dishmantled(原題)』の司会に選ばれました。来春開業予定のストリーミングサービス「Quibi」で配信される予定とのこと。

キスが原因でゲイ男性に暴行か 米ミネソタ州

米国ミネソタ州セント・ポールのゲイ男性が、店内でボーイフレンドにキスしたことが理由でレストランの警備員に暴力をふるわれたと主張しています。

爆発物でLGBTQバーなど襲撃計画か 男を逮捕 米国

ゲイバーやシナゴーグなどへの爆発物を使った襲撃を計画したとして、米国ネバダ州ラスベガスの男(23)が2019年8月8日に逮捕されました。

絵本『王子と騎士(原題"Prince & Knight")』、『村娘と王女(原題"Maiden & Princess")』が日本発売

こちらで紹介した王子と騎士のラブストーリー絵本Prince & Knightと、その続編でこちらで紹介したMaiden & Princessの邦訳が出版されます。全国発売は2019年8月27日で、一部では先行発売が始まっているそうです。詳しくは以下を。

14歳が焼き菓子でLGBTQ+チャリティ きっかけは『ドラァグ・レース』 米ミネソタ州

米国ミネソタ州の8年生が、自作の焼き菓子を販売して利益をLGBTQ+ユースのために寄付する非営利サービスを始めました。きっかけは『ル・ポールのドラァグ・レース』なんだそうです。

カリフォルニア州のストレート・プライドが不許可に

「『ストレート・プライド』主催者の息子が反対の意を表明 米カリフォルニア州 」の続報。米国カリフォルニア州の都市モデストの議会が、同地でのストレート・プライド(異性愛者のプライド)イベントの開催を不許可としました。議会での主催者の発言がすご…

メキシコのローラースケート選手がゲイとしてカミングアウト

メキシコのローラースケート選手で、南米のオリンピック、パンアメリカン競技大会2019で銅メダルを獲得したホルヘ・ルイス・マルティネス(Jorge Luis Martínez )選手が、ゲイであることを公表しました。

「ストレート・プライド」主催者の息子が反対の意を表明 米カリフォルニア州

「新たな「ストレート・プライド」企画が勃発 米カリフォルニア州 - 石壁に百合の花咲く」の続報。主催者の息子が、このイベントに対する反対意見を発表しました。ゲイなんだそうです、この息子さん。

独ロックバンド、モスクワ公演で男同士のキス ロシアのホモフォビアに抗議

ドイツのロックバンド、ラムシュタイン(RAMSTEIN)が、ロシアのホモフォビアに抗議するためモスクワ公演のステージで男性同士のキスを披露しました。同国では最近、女性のLGBTアクティヴィストが殺害されたばかりです。

勘定書きにアンチゲイな言葉を書いて女性店長の胸元に突っ込んだ男を逮捕 米フロリダ州

米国フロリダ州のレストランで、男が勘定書きへのチップ額記入時にアンチゲイな言葉を書き込み、これに抗議した女性店長のブラウスにレシートを突っ込み、この時店長の胸に触ったとして逮捕されました。

ゲイのソーシャルワーカー殺人事件で3人目の容疑者逮捕 米ジョージア州

米国ジョージア州で2019年6月4日に28歳のゲイのソーシャルワーカーが殺害された事件で、警察は7月31日に3人目の容疑者を逮捕しました。

ゲイポルノ男優ら、アンチゲイな街頭説教師の前でキス(そしてそれ以上のことも) 米カリフォルニア州

米国カリフォルニア州サンタモニカのボードウォークでアンチゲイな発言をしていた該当説教師の目前で、ゲイポルノ男優ふたりがキス。さらにTシャツを脱ぎ捨て、全力でこの説教師をおちょくるパフォーマンスを披露しました。

新たな「ストレート・プライド」企画が勃発 米カリフォルニア州

米国マサチューセッツ州ボストンで開催予定の「ストレート・プライド」(異性愛者のプライド)が論議を呼ぶ中、カリフォルニア州でも別個のグループが「ストレート・プライド」の開催許可を求めているそうです。

(同性愛者、女性、ハリケーン被災者を侮辱し盛大に抗議されていた)プエルトリコ知事、辞めるってよ

汚職疑惑や不適切なテキストメッセージが原因で、大規模な辞任要求デモを起こされていたプエルトリコのリカルド・ロセジョ(Ricardo Rossello)知事が、辞任の意を2019年7月24日に表明しました。